改めてメルマガの効用について考える


広告やSNSをはじめ、企業が用いるコミュニケーションツールはさまざまなものがありますが、その中でメルマガの効用は見逃せないものがあります。
それは、他のコミュニケーションツールにはないダイレクト性。
メルマガ購読、あるいは名刺交換してメールを贈る許可をもらったという段階があるため、他のアプローチに比べ直接その人に届けることが可能となります。
裏を返すと、そのショップ(あるいは会社)を知っている、または何らかの関心があるということです。
その「関心」をどうコントロールしていくのか、それがメルマガのポイントといえます。
コントロールは一言で言うと「質・量」に尽きます。
当然のことながら過剰・過少では意図した発信が難しくなります。
ここでどういった考え方が大切になるのでしょうか。
単に頻度や形式(テキスト・HTML)、分量、内容を考えるだけでなく、上記の「関心」を軸に考えていきましょう。
つまり、配信対象が決まっているので、彼ら彼女らがどういう人で、何を求めているのかといったことです。
それがまさに「コミュニケーションツール」としての意味であり、単なる宣伝とは違うところです。
言い換えると「関わり合い」です。
ただ「知っている」から「もっと知りたい」や「この人(会社)の情報は役に立つ」という段階へ進めることができるか。
相手を喜ばせるという観点が重要となります。
つまり、その情報を知ることにより嬉しい、有益、あるいは誰かに教えたいと思うと感じることができるか。
また、できるだけたくさんの回数接触できるということも大切です。
ただし、あくまで嫌われない範囲内であることが前提です。
そこは関係性の質(期間、親疎等)に応じてバランスを取りましょう。
それらを意識することで、以下の構成を考える参考になるのではないでしょうか。

  • ・配信頻度
  • ・文章量
  • ・売り込みの強さ
  • ・文体(口調、くだけ具合)

以上をまとめると、メルマガというのは関係づくりであり、相手に対してどうありたいか(こんな情報を持っている、この分野に関しては間違いない等)という姿、言い換えると企業イメージ作りにもつながってきます。
参考記事:メルマガはマインドシェアを高める営業ツール
posted by fujii

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...