Facebookをwebマーケティングに活用する


Facebookは企業の公式・専用ページなどが多数作られ、マーケティング用のアイテムとして広く用いられています。「いいね!」ボタンやシェアすることによりサービスが得られるなど、企業がFacebookを利用しているのをよく見かけるのではないでしょうか?
ですがTwitterやFacebookといったSNSは、一方的に情報を発信すればいいのではなく、コミュニケーションチャネルとして活用しマーケティング利用することに意味があります。
企業がFacebookを導入する際、まずは目的を明確にしなければなりません。 
Facebookは売上アップ・自社製品の宣伝・情報発信ページ上で情報配信できユーザーに広告を無料で届けられるような魅力ばかりを感じます。しかしFacebookの利用ユーザーと目的とするユーザーの属性やターゲットがあっているのかをよく調べ、顧客ターゲットとマッチしない場合、あわてて取り組む必要はありません。
企業にとってのFacebookとはユーザーやファンとコミュケートし、双方にとって有益な情報をやり取りすることが必要なのです。SNSはあくまで手段でありツールであり、目的に合致しないのであれば利用しないのも見識です。
しかしながら、Facebookから始まり、エジプトなどにデモが派生しソーシャルメディア革命と呼ばれる騒ぎもありFacebookの政治・経済への影響力は大きく、日本でもさらに拡大していくことと言えます。
Facebookページを開設する際は、長期的な運用コストとコンテンツの供給プラン、Facebookの利用法を明確化し正しい使い方で行えば認知度は拡大していくでしょうから、やはり企業としてFacebookの特徴をつかみ準備しておく必要があります。
Facebookをマーケティングに活用するには、それ単独で使うだけでなく、ホームページ・ブログなどとの相互連携を行い、Facebook上でコミュニケーションをとり活用することに意味があるのです。
【参考資料】
Facebookマーケティングでの注意点
facebookでばれる企業のレベル
posted by mizuno

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...