not setを避けるには?

グーグルアナリティクスのキーワードのデータにnot setが含まれているのを見た事あるでしょうか?これはグーグルが取得できなかったキーワードデータの集まりです。訪問の際にリダイレクト等で参照元の情報を取得できなかった場合や検索結果以外からの訪問、具体的にはグーグルアドワーズなどのリスティング広告でアナリティクスとの連携が上手くいっていない場合に発生します。

アドワーズが原因の場合これを回避するにはアドワーズ側で設定→自動タグ設定の有効と、アナリティクス側でアカウント→データソース→費用データのインポートを設定する必要があります。

またカスタムレポートを使用し、ディメンションでキーワードを設定している場合もnot setが表示されてしまいます。こちらはリスティング広告を使用していなくても表示されてしまいますが、参照元がグーグル、ヤフー、楽天、goo、bingなどのオーガニック検索エンジン以外の総合計になります。

こちらのnot setの割合が高い場合、ブランド力が確率されていたり、ファンが多いという見方もできますがその分SEO的には弱いという見方もできてしまいますので双方のバランスが大切です。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...