サイトマップについて

2012年7月14日


初めて訪れるホームページの場合メニューやバナー、リンクを辿ることで色々なページを見つけられる楽しさがあります。ただ目的としているページがありそれを探している場合、ページ数がある大きなホームページになればなるほど見つけるのが大変です。そんな時便利なのがサイトマップというもので、例えるなら百貨店のフロア案内みたいなものです。よくホームページで見出しタイトルが一覧となりそこをクリックするとそのページにとべるページがありますがそれがサイトマップです。全てのページを一目で見ることができるので分かりやすく目的とするページが探しやすくなります。
今回は一般にホームページでよく言われるサイトマップとは別のサイトマップ、XMLサイトマップのご紹介をしたいと思います。冒頭でご説明したサイトマップはホームページを見ている人、人間のユーザーに向けての案内表示なのに対してXMLサイトマップはGoogle検索エンジンに対しての案内表示になります。
ホームページを作成してGoogleの検索窓からキーワードを入力すると誰からも見れるようにするにはまずGoogleにホームページが出来ましたよと報告しないといけません。Googleからは定期的に巡回のロボットがインターネット上を巡っているのでいずれかは見つけてもらえますが、ロボットも忙しくて大変なのですぐには来てもらえず、来てくれても隅々まで見てもらえるとは限りません。
参考:Googleへのサイトの追加
フロア案内の例でも服を売っている店の場所と名前は分かったけど実際にどういうブランドを取り扱っているかは行かないと分かりません。なので全ての取り扱いブランドを知ってもらうにはそのリストを店側で用意しないといけません。それがXMLサイトマップでありGoogleに対する詳細な案内表示みたいなものです。XMLサイトマップには表示されていないページなどホームページに含まれる全てのページデータが含まれます。よってXMLサイトマップを用意しそれをGoogleに報告することでホームページがあることを知ってもらう(インデックスされる)とともにホームページの問題やどういったページからリンクされているかなども教えて貰えます。
Posted by Nakagawa

Related Posts

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...

緊急事態宣言解除に伴う 電話受付について

この度、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言は解除されましたが、2次感染拡大防止のため、従業員のリモートワークは継続して実施してまいります。 6月以降もお電話の受付は、緊急用の電話番号 もしくは 担当営業の携帯電話に直接おかけください。 なお、受話できずにお待たせしてしまう等ご不便をおかけする場合がございますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。