サイトマップについて

· · | マーケティング


初めて訪れるホームページの場合メニューやバナー、リンクを辿ることで色々なページを見つけられる楽しさがあります。ただ目的としているページがありそれを探している場合、ページ数がある大きなホームページになればなるほど見つけるのが大変です。そんな時便利なのがサイトマップというもので、例えるなら百貨店のフロア案内みたいなものです。よくホームページで見出しタイトルが一覧となりそこをクリックするとそのページにとべるページがありますがそれがサイトマップです。全てのページを一目で見ることができるので分かりやすく目的とするページが探しやすくなります。
今回は一般にホームページでよく言われるサイトマップとは別のサイトマップ、XMLサイトマップのご紹介をしたいと思います。冒頭でご説明したサイトマップはホームページを見ている人、人間のユーザーに向けての案内表示なのに対してXMLサイトマップはGoogle検索エンジンに対しての案内表示になります。
ホームページを作成してGoogleの検索窓からキーワードを入力すると誰からも見れるようにするにはまずGoogleにホームページが出来ましたよと報告しないといけません。Googleからは定期的に巡回のロボットがインターネット上を巡っているのでいずれかは見つけてもらえますが、ロボットも忙しくて大変なのですぐには来てもらえず、来てくれても隅々まで見てもらえるとは限りません。
参考:Googleへのサイトの追加
フロア案内の例でも服を売っている店の場所と名前は分かったけど実際にどういうブランドを取り扱っているかは行かないと分かりません。なので全ての取り扱いブランドを知ってもらうにはそのリストを店側で用意しないといけません。それがXMLサイトマップでありGoogleに対する詳細な案内表示みたいなものです。XMLサイトマップには表示されていないページなどホームページに含まれる全てのページデータが含まれます。よってXMLサイトマップを用意しそれをGoogleに報告することでホームページがあることを知ってもらう(インデックスされる)とともにホームページの問題やどういったページからリンクされているかなども教えて貰えます。
Posted by Nakagawa


No Comments

Leave a comment