スカイプを活用する


弊社では外部への電話にスカイプを使用しております。弊社からのお電話が非通知としてかかってくるのはそのためです。
スカイプとはインターネットの24時間無料電話です。電話だけでなくチャットやテレビ電話のサービスも充実しているため離れた家族や友人とも気兼ねなく話したり、web上で英会話を受講出来たりと活用法はさまざまです。2011年にスカイプは米マイクロソフト社に買収されましたが、これによりスカイプのサービスはさらに充実しユーザーも飛躍的に増えており、国内だけでなく世界中の人がスカイプでつながる時代が近づいていると言われています。
日本国内の場合、どこでも通話時間実質無制限で月々690円でご利用いただけます。
海外でもスカイプは170カ国で利用されているため、通話先ごとに定額プランがあります。通話先の国を選択すれば金額に差はありますが、月額¥130~を選択し必要な通話分数を選択するだけで毎日24時ご利用できます。他にも、40カ国と通話可能で月額¥1100、ヨーロッパ20カ国と通話可能で月額¥999などのプランがあります。
外線として使用し通信費を下げるだけでなく、内線や会議としての利用法も考えられます。一般的な電話機を使って社内通話を実現しようとすると、かなりの高額な設備投資が必要なのですが、1人1台のパソコンがあればスカイプを利用でき、必要な設備はヘッドホンだけで済んでしまいます。今後、商談や会議、企業や店舗がお客さんに商品や資料を見せながら説明することも現実になっていくと思います。スカイプの知名度が上がり、さらに利用者が増えるにつれて、活用の機会も増えるかもしれません。
内線をスカイプにできたり、web上で顔を見ることが可能になるなどスカイプの活用法もさらに広がっていく可能性が考えられます。スカイプを活用しながらコスト削減が可能になることで更なる顧客サービスの向上に繋がる、これが最大のメリットではないでしょうか。
【参考記事】
Skype、月額プラン
スカイプを社内連絡(内線)ツールとして活用
posted by mizuno

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...