Googleが新広告測定ツール、Active View、Active GRPを発表

2012年6月7日


今回米Googleは、Brand Activate InitiativeというブランドマーケティングのROI(インターネット広告に投資した資本に対して得られる利益)の割合を向上させる2つの指標を導入すると発表しました。
今回発表された2つの指標のひとつ「Active View」は、ディスプレイ広告が「画面上にすくなくとも50%表示されるか、1秒間表示された」広告をカウントするものです。
本来は、アドサーバー(広告を配信するための専門のサーバー)からサイトに広告が配信されると1回表示されたとカウントしていましたが、配信されても実際には目に見える範囲内に表示されなかったり、画面上にきちんとロードされなかったりすることもあります。
この「Active View」では、実際に画面の前にいる人間がその広告を見ることができるかを重視して計測し、広告主は「画面上にすくなくとも50%表示されるか、1秒間表示された」広告にのみ代金を支払うことになります。
これにより、広告主はディスプレイ広告がほとんど認識されないような短時間表示に広告料を支払わずに済むようになります。
Googleは、Active Viewを今後Google Display Networkで順次展開していく予定です。
最終的には広告管理・配信ソリューションツール「DoubleClick for Advertisers」に組み込んで提供すると発表しています。
もうひとつの新しい指標「ActiveGRP」はテレビCMの効果測定指標として使われているGRP(のべ視聴率)を、ウェブ用にバージョンアップしたものです。
これは個人を特定可能な情報は使用せずユーザーデータを第三者と共有することはないとされているため、個人情報を扱う必要がないという特徴があります。
すでに試験的な導入は始まっており随時他の広告製品にも順次拡大する予定となっています。
Googleは、米インタラクティブ広告業界団体IABらの取組み「Making Measurement Make Sense (3MS)」や業界全体と連携してこれらの指標の普及に努め、雑誌やテレビで広告を展開している多くのブランドをウェブに呼び込みたいと考えているとの事です。
参考サイト
グーグルが2つの新指標を発表、インプレッションをより厳密に再定義
Google、新たな広告測定ツール「Active View」「Active GRP」を発表
Posted by Date

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...