Amazon Route 53

2012年6月15日


この度弊社は一部のドメインAmazon Route 53に移しました。Amazon Route 53とはアマゾンが提供しているDNSサービスのことでSLA100パーセントという点などが特徴としてあげられます。少し耳慣れない言葉がたくさん出てきたので整理してみます。
まずドメインとはホームページを公開して外部の人達に見てもらう為に必要なもので,独自ドメインなどという言葉を聞いたことはないでしょうか?弊社の場合は「wasabi3.com」となります。そのドメインをパソコンのブラウザの窓に打ち込めばホームページが出てくるわけですが、実際にはパソコンが弊社のホームページ=wasabi3.comと理解しているわけではありません。コンピューターはアルファベッドでなく数字で認識しているため実際にはwasabi3.comというドメインに紐づいたIPアドレスというもので認識しています。IPアドレスとはどの番号がどのコンピューターがであるかを示したコンピューターの住所のようなものです。
DNSとはドメインネームシステムと言い、先ほどのドメインとIPアドレスの紐づけを管理し変換する役割を果たしています。Amazon Route 53はドメインとIPアドレスを管理(レコード)しユーザーからアクセス要求(クエリ)があった場合その情報をIPアドレスに変換しユーザーのコンピューターで見えるようにします。
DNSサーバーに不具合があった場合ドメインとIPアドレスの紐づけができなくなりホームページが見えなくなってしまうことになるのでDNSサーバーの品質は大切になってきます。その点Amazon Route 53はSLA100%を保障しています。SLAとはサービス品質保証のことで障害があった際にはその時間、規模に応じて返金対応されます。もちろん金額の保障があるから良いというわけではありませんが、信頼性の裏付けと捉えたら安心です。
使用するに当たり、長期契約や最低要件はありません。支払い額は、サービスを通じて管理するドメインとサービスが対応するクエリ数に応じて決まります。またAmazonRoute 53はDNS サーバーのグローバルネットワークを有し世界で20以上の拠点があり少ない呼び出し時間で DNS クエリに対応します。ドメインのクエリは、最も近い DNS サーバーに自動的に転送されるため、可能な限り優れたパフォーマンスを発揮します。
参考:AmazonRoute 53
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。