検索を誘導させる是非


テレビCMや広告などで、会社名や商品名を用いた「○○で検索」、あるいは名前そのものの入力を誘導する表記は今も見かけることは少なくありません。適切な検索キーワードを設定すればより精度の高い誘導やブランディングが可能です。
しかし、キーワードの設定いかんで効果がかなり左右されるのは否めません。
キーワードが長い(8文字以上)、変換候補で一番に出ない単語などの一般的でない言葉や、半角スペースの存在で「キーワードの揺らぎ」が生じ、設定したキーワードでの誘導の精度が下がってしまいます。
参考記事:Yahoo!検索 スタッフブログ
また、検索誘導は安全なサイト作りからも問題があるといえます。web上の検索は必ずしも「正しい」サイトが上位に出てくるわけではありません。検索誘導させるサイトの偽サイトを作成し、そこでユーザー登録などと偽って個人情報を入力させるフィッシングも理論上は可能です。
会社名など固有名詞はそれほど危険ではないですが、一般的な言葉で誘導するとそのような危険性があるため、ユーザー登録が存在するサイトを運営する場合は検索誘導を使わないほうが賢明かもしれません。
参考記事:安全なWebサイト利用の鉄則
Posted by Fujii

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。