プロキシサーバーの役割


プロキシーサーバーは、プロキシー(proxy:代理)という名前の通り、社内からのインターネットへのアクセスを代行するサーバーのことです。
中・大規模な社内LANなどでよく使われ、LAN端子を最低2個備えており、一方を社内LAN側に、もう一方をインターネット側に接続して設置されるのが一般的です。
インターネットの使用状況を記録したり、Web サイトへのアクセスをブロックするために使用されます。
プロキシサーバーのファイアウォールは、特定の条件に応じて一部のWeb サイトやWebページへのアクセスをブロックします。
プロキシサーバーの役割

  • 「ファイアウォールおよびコンテンツフィルタとして機能 」
  • プロバイダや社内ネット環境のネットワーク管理者が開発するセキュリティメカニズム。
    ネットワークやユーザを攻撃したり害する恐れのある特定の Web サイトへのアクセスを遮断し、コンテンツ要求をフィルタする目的で使用されます。

  • 「パフォーマンスの向上」
  • 一度アクセスした Web ページを一定の期間保存します。
    記憶したパソコンの情報が同じWeb ページを要求した場合、プロキシサーバはデジタル化された情報をプロバイダから再度ページを取得する代わりに、保存されている情報を使用します。
    これにより、目的の Web ページにより迅速にアクセスできるようになります。

プロキシーサーバーには、ユーザーがどんなWebサイトを見たのか、通信の記録(ログ)を取る機能もあります。
ログを調べられると、自分のアクセス先がすべて分ってしまうので、会社などではプライベートでのインターネットを使用する際はお気をつけください。
参考記事:
「プロキシサーバーとは何ですか。プロキシサーバーの情報はどのようにして入手しますか。」「プロキシーサーバー」って何のこと?
Posted by Date

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...