ホームページを1ページ目に表示させるには

2012年5月21日


初めてホームページを制作した時、それが1ページ目に表示されるかどうかはみなさん気になるところだと思います。ホームページを1ページ目に表示できるかできないか?と聞かれると答えとしてはイエスです。インターネットの広告、GoogleAdwordsやヤフーリスティングを用いれば表示させることができます。詳しくは下記参考ページをご覧ください。
【初心者編】GoogleAdwordsとは?
今回は広告を使わずに表示させる方法についてのご紹介です。ポイントとなってくるのはキーワード設定コンテンツ内容、ターゲットと関連性です。例えばホームページ制作会社を1ページ目に表示させるにはどうすれば良いでしょうか?「ホームページ」というメインとなるキーワード以外にも地域、特徴、目的をキーワードとして設定することが重要です。「ホームページ」というキーワードだけだと実に4億1000万ものサイトがヒットします。この中で1ページ目に表示させるのには個々レベルではかなり困難な作業になります。ところが「神戸」という地域キーワードを入れると2200万まで絞ることができます。次に特徴や目的のキーワードとして「制作」「デザイン」「デザイン会社」等々の言葉を入れます。すると最初に比べるとかなりサイト数も少なくなると思います。
もっと多くの人に見てもらう機会を作りたいので「ホームページ」一つだけのキーワード設定で勝負したいと思われる方もいるかもしれません。しかし、それはただライバルサイトが多いから上位表示が難しいということ以外にも「関連性」という点でマイナス面があります。というのもグーグルは内容の無いサイト、質の悪いサイト、ガイドライン違反のサイトに対しては上位の方に表示されないようにアルゴリズムという順位付けのルールを日々改良しているからです。どういった所で良し悪しを判断しているかというと直帰率(1ページだけ見て帰ってしまう訪問者割合)や滞在時間も判断材料にしていると言われています。よってターゲットを幅広くとってしまうとホームページの内容と求める情報との関連性が薄くなりターゲット外の人達はすぐページから離れていってしまいそちらの評価が悪くなってしまいます。
またホームページを直帰させずにより長くみて頂くにはコンテンツ内容の充実も大切です。全く更新していないサイトだとリピーターも増えません。常に新鮮な情報を提供することでリピーターを増やすことも大切です。
作ってすぐは難しいですがキーワード設定、関連性、コンテンツに気をつけホームページを育てていくことで1ページ目に表示させましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...