ホームページを1ページ目に表示させるには

2012年5月21日


初めてホームページを制作した時、それが1ページ目に表示されるかどうかはみなさん気になるところだと思います。ホームページを1ページ目に表示できるかできないか?と聞かれると答えとしてはイエスです。インターネットの広告、GoogleAdwordsやヤフーリスティングを用いれば表示させることができます。詳しくは下記参考ページをご覧ください。
【初心者編】GoogleAdwordsとは?
今回は広告を使わずに表示させる方法についてのご紹介です。ポイントとなってくるのはキーワード設定コンテンツ内容、ターゲットと関連性です。例えばホームページ制作会社を1ページ目に表示させるにはどうすれば良いでしょうか?「ホームページ」というメインとなるキーワード以外にも地域、特徴、目的をキーワードとして設定することが重要です。「ホームページ」というキーワードだけだと実に4億1000万ものサイトがヒットします。この中で1ページ目に表示させるのには個々レベルではかなり困難な作業になります。ところが「神戸」という地域キーワードを入れると2200万まで絞ることができます。次に特徴や目的のキーワードとして「制作」「デザイン」「デザイン会社」等々の言葉を入れます。すると最初に比べるとかなりサイト数も少なくなると思います。
もっと多くの人に見てもらう機会を作りたいので「ホームページ」一つだけのキーワード設定で勝負したいと思われる方もいるかもしれません。しかし、それはただライバルサイトが多いから上位表示が難しいということ以外にも「関連性」という点でマイナス面があります。というのもグーグルは内容の無いサイト、質の悪いサイト、ガイドライン違反のサイトに対しては上位の方に表示されないようにアルゴリズムという順位付けのルールを日々改良しているからです。どういった所で良し悪しを判断しているかというと直帰率(1ページだけ見て帰ってしまう訪問者割合)や滞在時間も判断材料にしていると言われています。よってターゲットを幅広くとってしまうとホームページの内容と求める情報との関連性が薄くなりターゲット外の人達はすぐページから離れていってしまいそちらの評価が悪くなってしまいます。
またホームページを直帰させずにより長くみて頂くにはコンテンツ内容の充実も大切です。全く更新していないサイトだとリピーターも増えません。常に新鮮な情報を提供することでリピーターを増やすことも大切です。
作ってすぐは難しいですがキーワード設定、関連性、コンテンツに気をつけホームページを育てていくことで1ページ目に表示させましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。