Outlook Expressの送信者名変更方法


送信者名とはOutlookExpressでメールを送付する際、メールを受け取った相手のOutlookExpress 上で「送信元」に表示される名前です。
弊社でもたまにですが「メールの送信者名を変更したいのだけどどうすればいいの?」
というご質問をいただくことがあります。
メールアカウントの設定は、パソコンの初期設定段階で行うわけですが、しばらく使っていくうちにはじめに設定した表記が気に入らなくなり、このご質問になるようです。
以下変更方法を記載致します。
参考:BIGLOBE メール設定サポート

  1. ① Outlook Expressを起動、[スタート] → [プログラム] → [Outlook Express]をクリックしてください。
  2. ② インターネットアカウントを表示します。[ツール] → [アカウント(A)]をクリックしてください。
  3. ③ アカウントのプロパティを表示します。[メール]タブをクリックしてください。あなたのメールアカウントを選択→[プロパティ]をクリックしてください。
  4. ④ 名前を変更します下記のページが表示されます。「名前欄」にメールアドレスが入力されていますので、お名前を入力してください。
  5. ⑤ 設定変更を完了する「セキュリティの設定」ウィンドウの[OK]ボタンをクリックする。「インターネットオプション」ウィンドウの[OK]ボタンをクリックする。

  6. ⑥ 変更後の表示についてあなたからのメールを受け取けとると、あなたの名前が送信者名に表示されます。
  7. ⑦ 以上で、Outlook Expressの送信者名の変更は完了です。

通常、法人などでは会社名を設定するのが一般的ですが、個人名やニックネーム等、自由に決めて表示させる事ができるので一度試してみてはいかがでしょうか。
また、会社名や部署変更のになった際には必要な設定になりますので、どなたかのお役に立てれば幸いです。
Posted by Date

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...