Google Chromeがシェアナンバーワン

No Tags | アナリティクス · システム開発 · ブログ


とはいえ世界シェアの話です。
日本では、あいもかわらずIEが人気。
自社のサイトを含め、私たちが管理している約70のサイトを調べた結果約40%がIEで20%強がGoogle Chromeでした。
社内では、最近ほとんど確認用として利用していないIEですがネットショップを運営している部署ではIEとGoogle Chromeの二つを立ち上げていることがしばしばあります。
たとえば、IEでは楽天市場の管理画面を開き、Google Chromeでは銀行などの口座関係のサイトを開いたりしています。
IEを中心にシステム開発をしている日本国内ではGoogle Chromeではたまに不具合が発生します。
とはいえリソースモニタを見てみると意外にメモリを食っているのがGoogle Chromeだったりします。
それでもおすすめのブラウザは?と聞かれるとGoogle Chromeと答えてしまいます。
理由は、早い(様な気がする)、APPSを使っているから、アナリティクスやアドワーズと相性がよい(気がする)です。
MACでもWINでもGoogle Chromeを使っていますが今のところも不便も感じていないし上記の理由からおすすめです。
ソースは、「ITmedia ニュース」です。

三木 太郎Posted by T.Miki