Googleが自動運転システム開発したと発表

| マーケティング


Googleは車両の自動運転システムを開発したと発表されました。
更に米ネバダ州の陸運当局は8日までに、全米初となる公道での試験運転を同社に許可したとの事。
トヨタ自動車のプリウスをベースに、屋根の上や前部にセンサーを装備。他の車や歩行者などを感知し、接触しないよう間隔を保ちながら走行し、実用化されれば、視覚障害者の運転などに活用できると期待されてします。
路上試験にはまだ幾つかの条件があり、必ず2人乗車して1人は運転席で予期せぬ危険を回避し、もう1人は搭載されたモニターを監視する。
また目立つ様に必ず赤いナンバープレートをつけて走行する事が条件になります。
実際には狭い道での危険予測、ハッキングなどのセキュリティ問題、免許取得の条件、自動車保険の適用、など幾つかクリアしていない問題がありますが、もしこの仮に自動運転システムが技術的に完璧になり、安全に誰にでも使用出来る物になれば間違いなく今の社会を大きく変える出来事なります。
まずアメリカで実績を積み、高速道路などある程度広い道でのテストを行い情報を収集していくとの事です。
まだ試験段階ですが、米ネバダ州の陸運当局幹部は、3~5年後には実用化できるかもしれないと予想しています。
参考記事:msn 産経ニュース Google自走車試験トヨタ車使い全米初
Posted by Date