BtoB企業がホームページを持つ目的


ホームページは作りたいけれど、うちは一般消費者向けの企業じゃないしなぁ…。」営業をしているとこのようなお声を多く耳にします。
ホームページは一般消費者が見るためのもの、BtoB企業ホームページを持っても意味がないと考えてしまいがちです。
そもそも、ホームページを持つ目的とは何なのでしょうか。
「お客さんが増える」という事は会社の売上が上がることを指すのか、それともホームページのページビュー数が上がることを指すのかをハッキリさせなければなりません。
BtoB企業ホームページを作る理由にはどんなものがあるでしょうか。
「無かったら」の場合を想定して考えてみました。

  • 新しい顧客を失う
  • 営業ツールとして使えるホームページは様々なビジネスチャンスを生み出します。
    ホームページが無かったら…。新たなビジネスチャンスの可能性も生まれないかもしれません。

  • 今までの顧客を失う
  • 常に新鮮な情報を提供することで現在の取引先のハートもガッチリ掴んでおきたいですね。
    取引先に、「ここの製品・サービスを利用しています」と紹介して貰えるくらいが理想です。

  • 求人効果がない
  • BtoB企業だからこそ、一般消費者にも事業内容や理念を理解して貰いたいものです。
    また、自社のホームページから求人情報を掲載することで、より鮮度の高い情報提供が可能です。

  • 来客者に不親切
  • 新しく来られるお客様とまだ名刺交換もしていない場合、大抵の場合インターネットで社名を検索して住所を検索されると思います。
    ホームページがあれば地図付きでのナビゲーションが可能です。また、他に似たような会社名が存在していても間違いが起こりにくいと言えます。

  • 業務内容のアピールの場を失う
  • 最大のデメリットではないでしょうか。
    ひろく自社の紹介が出来るチャンスです。
    ホームページの作成後も、イレギュラーの休業日を掲載する、新製品の案内をする…等、運用に力を入れると動きのある企業であるアピールができます。
    常に新鮮な情報を発信するとホームページの価値も高まるので、作成後のプロモーションも重要となります。
    参考文献:ホームページがない会社は危ない!
    3,000社の成功事例からわかった真実(パレード 2008年)
    Posted by Fujita

    Related Posts

    Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

    Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

    Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

    重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

    2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

    Youtube活用

    ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。