seo対策と優れたコンテンツを持つサイト

2012年4月26日


ホームページとseo対策は切っても切り離せないものでseo対策についてお客様からよくお話を頂きます。seo対策は簡単に言えばお客様のホームページをより多くの人に見てもらう、目につく所に表示させるために検索エンジン(GoogleやYahoo)に対する対策をホームページに行い検索順位をあげることです。
こういった対策をとることによりホームページを見てもらえる可能性は高くなります。しかし、そうはいってもseoの対策の方法は多岐に渡り誰でも容易にできるものではありません。今まではそういった点を逆手にとって中身の無いサイト(新鮮な情報が少ない、求めている情報が載っていない等)をseo対策で上位に表示させることも対策に慣れている一部の人には可能でした。
参考:過剰seo”サイト対策のアルゴリズム変更を予告
ただ先月Googleは上記のような発言を公開し、そういった中身の無いサイトが上位に表示されないように仕組みを改良することを発表しました。
では過剰でないseo対策とはどういったものでしょうか?まずはコンテンツを充実させユーザーが求めている情報とホームページ上の情報の関連性を高めることです。その上で更新頻度を増やしたり、より新鮮で充実した内容のコンテンツを掲載していきます。今まではユーザーが求めている情報とほとんど関連の無いホームページでも上位に表示されることがあり、充実した内容のホームページの方が下の方に掲載されることもありました。しかし、今回の改良でそういった矛盾が解消され公平に評価される舞台が整うことになります。
seoの対策は効果が出るまでに時間がかかるもので順位も徐々に上がっていく形になります。ホームページを制作する際は「早く小さく」はじめ、定期的なページの追加や更新などで「大きく」育てていく。今回のシステム改良をむしろ喜ぶホームページ作りをしていきましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

求人採用に向けてインディード(Indeed)に掲載するには

これからの時期、23年卒の求人採用が本格化しますが、皆さんインディードは活用していますでしょうか。CMなどでも話題になっているので耳にされたり、見たりしている方は多いかと思いますが自社の求人を無料で掲載するにはどうすればよいでしょうか。 掲載のポイントをご紹介します。 (条件によっては新卒採用では難しい場合等もあるのでご了承ください) インディード(Indeed)とは...

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...