seo対策と優れたコンテンツを持つサイト

2012年4月26日


ホームページとseo対策は切っても切り離せないものでseo対策についてお客様からよくお話を頂きます。seo対策は簡単に言えばお客様のホームページをより多くの人に見てもらう、目につく所に表示させるために検索エンジン(GoogleやYahoo)に対する対策をホームページに行い検索順位をあげることです。
こういった対策をとることによりホームページを見てもらえる可能性は高くなります。しかし、そうはいってもseoの対策の方法は多岐に渡り誰でも容易にできるものではありません。今まではそういった点を逆手にとって中身の無いサイト(新鮮な情報が少ない、求めている情報が載っていない等)をseo対策で上位に表示させることも対策に慣れている一部の人には可能でした。
参考:過剰seo”サイト対策のアルゴリズム変更を予告
ただ先月Googleは上記のような発言を公開し、そういった中身の無いサイトが上位に表示されないように仕組みを改良することを発表しました。
では過剰でないseo対策とはどういったものでしょうか?まずはコンテンツを充実させユーザーが求めている情報とホームページ上の情報の関連性を高めることです。その上で更新頻度を増やしたり、より新鮮で充実した内容のコンテンツを掲載していきます。今まではユーザーが求めている情報とほとんど関連の無いホームページでも上位に表示されることがあり、充実した内容のホームページの方が下の方に掲載されることもありました。しかし、今回の改良でそういった矛盾が解消され公平に評価される舞台が整うことになります。
seoの対策は効果が出るまでに時間がかかるもので順位も徐々に上がっていく形になります。ホームページを制作する際は「早く小さく」はじめ、定期的なページの追加や更新などで「大きく」育てていく。今回のシステム改良をむしろ喜ぶホームページ作りをしていきましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...