リスティング広告 掲載までの流れ


当社のリスティング広告お問い合せから掲載まで、そしてその後の流れをご紹介します。尚広告掲載は、お客様のご協力を得ましてお申し込みから1週間から2週間後の開始になります。

  1. ①リスティング広告の検討
  2. リスティング広告をご検討の際はまずは当社までメールや電話でお問い合せ下さい。

  3. ②事前調査
  4. お客様のウェブサイトの状況によっては別途費用が発生したり、詳細なレポートを作成するのが困難な場合があるため下記ポイントを事前に確認致します。グーグルアナリティクス有無、管理者権限有無、ショッピングカートの使用、ウェブサイトの変更権限、使用済みアドワーズアカウント有無等。

  5. ③ヒアリング
  6. 対面、電話、ヒアリングシート等を用いお客様の目的やニーズ、コンバージョンを意識した広告の原案を制作します。

  7. ④広告原案の確認修正、ご入金、詳細ヒアリング、初期設定とキーワード設定
  8. 広告原案を確認してもらうと共に初回料金をご入金して頂きます。ご入金の確認ができ次第各種設定作業に入ります。

  9. ⑤出稿開始~掲載終了~レポート提出~プラン選択
  10. 初回は約2週間、2回目以降は約1ヶ月を目処に1日の予算設定をして広告を出稿します。掲載終了後データ収集の為、
    2週間から1ヶ月の後レポートを提出します。初回は出稿開始から約1ヶ月後に概要レポートと詳細レポートを提出します。継続の場合ライトプランかスタンダードプランかを選択入金後出稿再開します。2回目以降ライトプランの場合詳細レポートはオプションサービスになります。

広告は出稿して終わりでなく出稿している間や出稿後もクリック率や表示順位などの分析しながら費用対効果を考慮した最適化作業(メンテナンス)が必要になります。それにより運用費以上のコストパフォーマンスを創出できるのでスタンダードプランをオススメ致します。
Posted by Nakagawa

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...