新プライバシーポリシーとディスプレイ広告

2012年3月20日


以前の記事
参考記事:Google プライバシーポリシー
でグーグルのプライバシーポリシー統一について紹介しましたが、先月アメリカの調査会社eMarketerからこのような調査結果が発表されました。
参考記事:Googleのディスプレイ広告、Facebookを猛追
ディスプレイ広告とはネット閲覧をしている時によくページ内に画像や動画が埋め込まれていてそこをクリックすると対象ページに飛ぶ広告のことです。売上首位のFacebookとグーグルが市場を牽引し、近い内にグーグルが逆転して売上高トップになる見込みという調査結果です。
今回のグーグルによるディスプレイ広告の伸びとその後の予測は前回の記事とはまるで無関係ではなくそれと関連するところがあります。ディスプレイ広告は検索のキーワードによって広告が出稿されるのでなくユーザーの属性や広告との関連性の高いページに掲載される広告です。属性とはたとえば、男性、女性。20代、40代。スポーツ好き、音楽好き。といった要素のことで同じページを見ていてもスポーツ観戦チケットの販売広告であったり、ライブイベントのチケット広告など人によって違う広告が表示されるということになります。
では広告の売上は何が要因となって伸びているのでしょうか?一番は広告効果が高いと広告主が判断していることにあります。広告効果を高める為には関連性が高い広告を適切に掲載する必要があり、その為にもグーグルはユーザー情報などの統一を進めているようです。
これらの調査結果は米国市場を元にしています。全体的にネット広告市場において米国を追いかける格好で成長し、また匿名性を重視する日本において同じ成長予測となるかは分かりませんが、今までSEOと共に検索連動型の広告に注力し見込み客を集めることに力を入れていた広告主様は潜在的顧客に視覚からも訴えかけることができるディスプレイ広告を検討し更なる成長を図って頂ければと思います。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。