Googleプレイスでマップのマーカー位置修正や写真を公開する方法

2012年3月5日

ホームページに配置した、googleマップのマーカー位置が微妙にずれてしまい修正するにはどうすればよいか。
上記は、Google プレイスに登録する事で修正可能です。
登録すると、他にもGoogleマップ(地図検索)で検索した時の情報を自分で修正できるなど多数のメリットがあります。
無料で登録できますのでぜひ参考にしてみてください。
1. Google プレイスにログインします。
googleアカウントをお持ちで無い方はお申し込みからアカウントを作成してください。
Google プレイス
2. [新しいビジネス情報を追加]ボタンをクリックします。
3. 登録したい店舗の電話番号を入力して、[お店/サービスの情報を検索]をクリックします。
4. 項目にお店の情報を登録します。
項目は多いのですが、必須なのは「*」のマークが付いているものだけです。
5. 地図上のマーカーの位置を微調整する
右側の枠内の地図の下に表示されている[マーカーの位置を修正する]をクリックするとマーカー変更用のウィンドウが表示されるので、マーカーをドラッグして動かしてから[変更を保存]ボタンをクリックします。
6. 店舗のカテゴリを指定します。
まず[カテゴリ]で大カテゴリを選択し、[サブカテゴリ]で適切なものを選択します。
適切なカテゴリがない場合は何も指定せずにおきましょう。
7. サービスエリアと場所の設定をする。
固定の店舗の場合は、「いいえ、顧客はすべてそのビジネス拠点に来ます」を、デリバリーや出張サービスの場合は「はい、顧客の場所でサービスを行います」を指定します。
「あなたはその場所からお客さんのところに出向きますか?」という質問だと考えるとわかりやすいでしょう。
8. 営業時間を指定します。
飲食店様の場合、ランチタイムとディナータイムのように間に休憩時間が入る場合は、下の[1日に2つの時間帯を入力する]にチェックを入れると、それぞれ入力できるようになります。
9. 支払いの方法を登録します。
来店したお客さんが支払いに使えるカードや決済の方法にチェックを入れていきましょう。
10. 店舗の写真や動画がある場合は、アップロードできます。
写真は10枚まで、動画は5個までです。
動画を掲載したい場合は、まずYouTubeにアップロードしてから、YouTube上でのその動画のURLを指定する必要があります。
その他の追加情報があれば、最後に指定します。
11. すべて入力できたら、最下部にある[送信]ボタンをクリックします。
Googleプレイスでは、登録した所在地に登録した人が存在することをGoogleが確認する必要があります。
(初めて登録する場合は所在が確認されるまでGoogle上で店舗情報が表示されません)
所在の確認は、電話または郵送になります。
Googleからあなたに伝えられた「PIN(認証番号)」を、あなたがGoogleプレイスの管理画面で入力することで完了します。
電話または郵送のどちらかを選んだら、下の[完了]ボタンをクリックします。
電話または郵送でPINを入手したら、Googleプレイスの画面にアクセスしPINコードを入力して登録は完了です。
48時間以内にgoogleマップに情報が反映されます。
店舗の情報だけでなく店舗で扱っているサービスや商品の写真や動画をアップする事で、見て頂いたお客様にどの様な事をしている店舗なのかを知って頂く事ができ、安心感も与える事ができます。
飲食業やサービス業の方はかなり有効な宣伝になると思います。
一度試してみては如何でしょうか。
Googleプレイスへ登録した記憶がないのに勝手に登録されてしまっている場合もあります。
Googleプレイスでは、「食べログ」や「ホットペッパー」などから情報を自動で取り込んで表示させている場合もあるからです。
そういった場合にも、自身でGoogleプレイスへ登録すれば、店舗情報などを詳細に編集できるというメリットがあります。
Posted by Date

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。