ブラウザ上で画像の加工をする

ホームページにヴィジュアルデザインは欠かせません。
ページ全体のデザインはもちろん、お知らせやブログのような記事にも「アイキャッチ」となる画像を入れると閲覧者の目を引きやすく、関連した話題に目を通しやすくもなります。
しかしながら、デジタルカメラで撮影した写真をそのまま載せてしまってはページが重くなったり、画像の大きさがページの幅に合わず不格好になってしまいがちです。
このような場合、写真を加工するソフトとして有名なものにPhotoshopなどが挙げられます。
しかし、高価なソフトを買わなくても、ブラウザ上で簡単な加工が出来るサービスを公開しているところもあるのです。
ダウンロードや登録も不要で利用出来ます。
pixlr
海外のサイトですが様々な言語に対応しています。もちろん日本語表示もOK。
Photoshopにある基本的な機能が揃ったようなサービスです。
デジカメで撮った大きなサイズの写真を縦横150ピクセルにリサイズします。

画像>画像サイズを選択し、縦横どちらかを150ピクセルにあわせます。
片方のテキストボックスに「150」と入力すると、自動でもう片方も当倍率で縮小してくれます。

次に、ツールから切り抜きツールを選択し、「固定化」を「出力サイズ」、切り抜きたいサイズに「150×150」と設定し、画像を切り抜きます。
 
画像の雰囲気を一発で変えられる、「フィルター」などの面白い機能も備わっています。
こちらのサイトでも画像の編集が可能です。
上記のpixlrよりシンプルで明快な作りです。
NAVERフォトエディター
他にもブラウザ上で画像加工出来るサイトがいくつかあるので、あらかじめご自身の使いやすいと思うものをブックマークに入れておくと便利です。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。