ブラウザ上で画像の加工をする

ホームページにヴィジュアルデザインは欠かせません。
ページ全体のデザインはもちろん、お知らせやブログのような記事にも「アイキャッチ」となる画像を入れると閲覧者の目を引きやすく、関連した話題に目を通しやすくもなります。
しかしながら、デジタルカメラで撮影した写真をそのまま載せてしまってはページが重くなったり、画像の大きさがページの幅に合わず不格好になってしまいがちです。
このような場合、写真を加工するソフトとして有名なものにPhotoshopなどが挙げられます。
しかし、高価なソフトを買わなくても、ブラウザ上で簡単な加工が出来るサービスを公開しているところもあるのです。
ダウンロードや登録も不要で利用出来ます。
pixlr
海外のサイトですが様々な言語に対応しています。もちろん日本語表示もOK。
Photoshopにある基本的な機能が揃ったようなサービスです。
デジカメで撮った大きなサイズの写真を縦横150ピクセルにリサイズします。

画像>画像サイズを選択し、縦横どちらかを150ピクセルにあわせます。
片方のテキストボックスに「150」と入力すると、自動でもう片方も当倍率で縮小してくれます。

次に、ツールから切り抜きツールを選択し、「固定化」を「出力サイズ」、切り抜きたいサイズに「150×150」と設定し、画像を切り抜きます。
 
画像の雰囲気を一発で変えられる、「フィルター」などの面白い機能も備わっています。
こちらのサイトでも画像の編集が可能です。
上記のpixlrよりシンプルで明快な作りです。
NAVERフォトエディター
他にもブラウザ上で画像加工出来るサイトがいくつかあるので、あらかじめご自身の使いやすいと思うものをブックマークに入れておくと便利です。
Posted by Fujita

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...