ブラウザ上で画像の加工をする

ホームページにヴィジュアルデザインは欠かせません。
ページ全体のデザインはもちろん、お知らせやブログのような記事にも「アイキャッチ」となる画像を入れると閲覧者の目を引きやすく、関連した話題に目を通しやすくもなります。
しかしながら、デジタルカメラで撮影した写真をそのまま載せてしまってはページが重くなったり、画像の大きさがページの幅に合わず不格好になってしまいがちです。
このような場合、写真を加工するソフトとして有名なものにPhotoshopなどが挙げられます。
しかし、高価なソフトを買わなくても、ブラウザ上で簡単な加工が出来るサービスを公開しているところもあるのです。
ダウンロードや登録も不要で利用出来ます。
pixlr
海外のサイトですが様々な言語に対応しています。もちろん日本語表示もOK。
Photoshopにある基本的な機能が揃ったようなサービスです。
デジカメで撮った大きなサイズの写真を縦横150ピクセルにリサイズします。

画像>画像サイズを選択し、縦横どちらかを150ピクセルにあわせます。
片方のテキストボックスに「150」と入力すると、自動でもう片方も当倍率で縮小してくれます。

次に、ツールから切り抜きツールを選択し、「固定化」を「出力サイズ」、切り抜きたいサイズに「150×150」と設定し、画像を切り抜きます。
 
画像の雰囲気を一発で変えられる、「フィルター」などの面白い機能も備わっています。
こちらのサイトでも画像の編集が可能です。
上記のpixlrよりシンプルで明快な作りです。
NAVERフォトエディター
他にもブラウザ上で画像加工出来るサイトがいくつかあるので、あらかじめご自身の使いやすいと思うものをブックマークに入れておくと便利です。
Posted by Fujita

Related Posts

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

今からでも遅くないテレワークのポイント

今からでも遅くないテレワークのポイント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行と共にテレワークが注目されました。 国や自治体も盛んに人流抑制によるテレワークの導入を訴えていましたが、実は感染症対策の為に2020年にぽっと出てきた単語でないのです。 実は2017年頃より政府が推進した「働き方改革」の一つにテレワークがうたわれていました。...

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

先日マイクロソフトからIE11のサポート終了期限が発表されました。2022年6月16日(日本時間) IE(Internet Explorer)はバージョンを変えながら長年Windowsの標準ブラウザだったこともあり、親しみが深い人も多いと思います。 そもそも詳しい人以外はインターネット=IEとして、その他のブラウザの存在を意識していない方も多いと思います。...