Facebook、災害用伝言板を公開

2012年3月16日


未曾有の大震災から約1年。
Facebookは大規模な災害が発生した際に利用出来る、災害用伝言板のサービスを公開しました。
全世界に先駆けて日本国内のみで公開されたこのサービス、先日のデモ公開の時点ではページ上部に急に現れ、煩わしいと感じた方も多いかもしれません。
実際には大規模な災害が発生した時のみ、ページのトップ部分に表示されるようです。
このサービスは大きく二通りの使い方ができます。

  • 自分自身の無事を報告する
  • 友達や家族の無事を報告する
  • 本人だけでなく、Facebookを利用している他のユーザーの情報をフィードに流せるのが大きな特徴といえるでしょう。
    ボタンを押して知り合いの無事を報告するだけでなく、状況を書き込む掲示板のサービスが備えられていますのでより信憑性の高い情報が得られます。
    日本では、インターネット上に本名を公開するのを躊躇う人が多いように感じます。
    そこに生まれた原則本名登録であるからこそ実現出来るサービス。
    「”もしもの時”に備えてアカウントだけ作っておこう」、これからはこのような考え方人の登録が増えるかもしれませんね。
    Posted by Fujita

    Related Posts

    Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

    Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

    Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

    重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

    2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

    Youtube活用

    ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。