独自ドメインの取得


ホームページは世界に一つ。
そのため、他のホームページと識別するための仕組みが必要です。
そのために設定されるのがホームページアドレスやURLと呼ばれるもの。Yahoo!ならyahoo.co.jp、Googleならgoogle.co.jpと設定されています。「アドレス」とあるように、インターネットの世界におけるホームページの住所です。
つまり、ひとつのホームページに対してひとつのアドレスが設定されます。
なお、URLを「ドメイン」と呼ぶこともあります。ドメインという言葉は「独自ドメイン」という言葉で使われることがあります。abc.comやxyz.netなど、サイト独自の表記がされているものが独自ドメインと呼ばれています。
独自ドメインの取得には以下のメリットがあるため注目されています。
まずはサイトのイメージアップにつながります。ホームページのURLが独自ドメインというだけで、そのサイト自体のブランド力を高めることができます。
次に覚えやすいアドレスにできることです。レンタルサーバー会社の提供するサブドメインの場合、どうしてもそのレンタルサーバーのドメインを含んでしまうのでURLが長くなります。また、当然ですがレンタルサーバーのドメインは制作したホームページの内容とは全く関係ありません。独自ドメインならホームページの内容に即したドメインを選べます。内容に即した短いドメインが取れれば、すぐにURLを覚えてもらうことができます。
またメールアドレスも自由に設定できます。例えば「XYZ株式会社」で「xyz.co.jp」という独自ドメインを取得していれば、ABさんには「AB@xyz.co.jp」、CDさんには「CD@xyz.co.jp」というメールアドレスを割り当てることができます。
そして独自ドメインはSEO対策にもつながります。例えば、「fruit.com」というドメインがあると、検索エンジンは「このドメイン名のサイトはfruit、つまり果物に関するもの」と認識するため、検索エンジンでfruitを検索するとfruit.comというドメイン名は有利ということになるため、上位表示されやすくなります。つまり、独自ドメインを取得して社名や商品名といったキーワードを設定するとホームページの見られる可能性が高くなります。
.comや.netといったドメインだと、年間1000円前後で取得できることが多いです。ドメインは先着順なので、社名や商品名を入れたものを取得する場合はできるだけ早めに取得しましょう。
Posted by T.fujii

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...