ホームページ運営をアウトソースする際の注意点


「ホームページは作ってからが大切」と言われても、実際に運営するとなるといろいろ心配かもしれません。
知識もなく、日常の業務で手一杯で、正直ホームページまで手が回らない-。
そんな場合は運営制作会社に外注することも視野に入れましょう。
運営には月額費が発生することが多いですが、中には「月額費無料」のプランを導入している制作会社もあります。
その際に注意したいのが、ホームページの管理が制作会社とのリース契約になっていないかどうかです。
このような場合、複数年契約で中途解約が不可のことが多く、完成したホームページが満足できないものであるとホームページの効果が最大限発揮されません。また、ページの更新依頼を受けつけていなかったり、受け付けていても更新費が高額であったりと、ホームページ運営で大切な「更新」について障害が生じる可能性もあります。
次に、制作会社に更新依頼をする場合の注意として、制作会社とのコミュニケーションがポイントとなります。
サービス一つとっても、ポイントを発掘し、それをホームページにて伝えていく必要があります。その際、製作会社とのコミュニケーションをしっかり取ることでより正確な情報発信を実現できます。こうした面をしっかり理解しているホームページ制作会社を探すことが大切です。
密なやりとりを嫌がり、理由もなく「当社にすべてお任せください」といった営利主義だけの制作会社はオススメできません。
ただサイトを作るだけの会社ではなく、ホームページの運営についてのコンサルタントを含めた会社に運営を依頼するのが理想的です。
Posted by T.fujii

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。