ホームページ運営をアウトソースする際の注意点


「ホームページは作ってからが大切」と言われても、実際に運営するとなるといろいろ心配かもしれません。
知識もなく、日常の業務で手一杯で、正直ホームページまで手が回らない-。
そんな場合は運営制作会社に外注することも視野に入れましょう。
運営には月額費が発生することが多いですが、中には「月額費無料」のプランを導入している制作会社もあります。
その際に注意したいのが、ホームページの管理が制作会社とのリース契約になっていないかどうかです。
このような場合、複数年契約で中途解約が不可のことが多く、完成したホームページが満足できないものであるとホームページの効果が最大限発揮されません。また、ページの更新依頼を受けつけていなかったり、受け付けていても更新費が高額であったりと、ホームページ運営で大切な「更新」について障害が生じる可能性もあります。
次に、制作会社に更新依頼をする場合の注意として、制作会社とのコミュニケーションがポイントとなります。
サービス一つとっても、ポイントを発掘し、それをホームページにて伝えていく必要があります。その際、製作会社とのコミュニケーションをしっかり取ることでより正確な情報発信を実現できます。こうした面をしっかり理解しているホームページ制作会社を探すことが大切です。
密なやりとりを嫌がり、理由もなく「当社にすべてお任せください」といった営利主義だけの制作会社はオススメできません。
ただサイトを作るだけの会社ではなく、ホームページの運営についてのコンサルタントを含めた会社に運営を依頼するのが理想的です。
Posted by T.fujii

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...