Google プライバシーポリシー


このたびGoogleプライバシーポリシーの統合を発表しました。
参考:Google 全体で 1 つのポリシー
プライバシーポリシーとは個人情報保護方針(インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか。保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのかなどを、サイトの管理者が定めた規範)のことで、この統合によりGoogleの提供する全てのサービスでユーザーの行動を追跡・記録し、その内容を他のサービスに反映することが可能になります。
この件に対してマイクロソフトは批判的な立場をとっています。
参考:MicrosoftがGoogle批判の新聞広告
では実際に利用者の立場に立つとどうでしょうか?メリットデメリットで考えるとメリットの方が大きいのではないかと思います。マイクロソフトが言うように自動で情報管理されることは確かに問題ではありますが、多くの利用者からすると60以上もあるサービスの各ポリシーの違いを判断し取捨選択できるか、というと必ずしも簡単な作業ではありません。
またアドワーズの例をあげるとGoogleはGoogle、広告主、検索ユーザーの3者間の関係性をwin-winの関係。全てにメリットがある状態であると言っています。
広告主に対してより有用なデータとシステムを提供し広告主同士を競わせることで検索ユーザーに対してより有益で検索内容と関連性が高い情報を提供できるように。
検索ユーザーに対してプライバシーポリシーを遵守しつつユーザーデータを取得することでより有益で検索内容と関連性が高い情報を提供できるように。
Googleにとっても広告主に対して価値の高い検索ユーザーデータを提供することで、広告主同士が競いあい、その関連性が高い情報を求めて検索ユーザーが増え、検索ユーザーが増えることで広告主も増え、広告主が増えることで収益もあがる。
このように今回のプライバシーポリシー及び利用規約の統合はマイクロソフトの主張するように広告主向けユーザーデータを高めるのが目的かもしれませんが上記のようにユーザーにもメリットがある改正だと言えると思います。
この改正は2012年3月1日より有効化するとのことです。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...