CMSのメリット、デメリット


ホームページはレイアウトが大事になってきますが、そのレイアウトを管理する仕組みがあります。
ホームページを作るには、テキストや画像を作成するだけでなく、レイアウトを定めてページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。ホームページの様々な要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。
編集上のCMSメリットとして、HTMLソースを知らない人でもページが作れたり、サイト全体のデザイン変更が簡単に行なえるなどといった、高度な専門知識がなくともデザイン的に高度なサイトが構成できることにあります。また、デザインとコンテンツが分離されるのでSEO対策にも有効です。
次に運用上のCMSメリットとして、権限を細かく割り振れる(記事の追加・削除可能、記事の追加のみ、閲覧のみなど)ので、更新管理を厳格にできること、すばやい更新・修正といった管理の容易さを実現できること、また記述のミスを少なくすることができることがあります。
なお、CMSのデメリットとして考えられるのは、CMSの機能を学習する必要があり、既存コンテンツの移行作業が発生することです。
Posted by T.fujii

Related Posts

事業再構築補助金 申請開始 初回4月30日まで

事業再構築補助金 申請開始 初回4月30日まで

以前お伝えした事業再構築補助金が運営事務局も決まったことによりいよいよスタートしました。 参考:中小企業等事業再構築補助金 続報 第1回応募締め切りは4月30日(金)18時となっているので検討している方は要チェックです。 また詳細もアップデートされているので要点ご紹介致します。 従来からある補助金の一つ、「ものづくり補助金」は計画の革新性や専門性が審査ポイントとして重要とされていますが、今回の事業再構築補助金は要件を満たしているか、必要項目が充実して整理されているかが審査の上で重要になるようなのでポイントを確認しましょう。...

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

IT導入補助金 2021

IT導入補助金 2021

昨年ご好評頂いたIT導入補助金が今年も始まります。 といっても弊社のサービスではなく、経済産業省の補助事業です。 近年、毎年複数回に区切って実施されるIT導入補助金ですが、今年度は4月7日(水)から申請受付開始で初回締切は5月14日(金)の予定です。 ※例年通りですと2次締切、3次締切と新設されていきます。 毎年細かい形式が変わる補助金で今年度は昨年のマイナーリニュアルという形のようですが改めて概要ご紹介します。 弊社も昨年支援事業者として登録をしており今年も登録予定です。...