CMSのメリット、デメリット


ホームページはレイアウトが大事になってきますが、そのレイアウトを管理する仕組みがあります。
ホームページを作るには、テキストや画像を作成するだけでなく、レイアウトを定めてページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。ホームページの様々な要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。
編集上のCMSメリットとして、HTMLソースを知らない人でもページが作れたり、サイト全体のデザイン変更が簡単に行なえるなどといった、高度な専門知識がなくともデザイン的に高度なサイトが構成できることにあります。また、デザインとコンテンツが分離されるのでSEO対策にも有効です。
次に運用上のCMSメリットとして、権限を細かく割り振れる(記事の追加・削除可能、記事の追加のみ、閲覧のみなど)ので、更新管理を厳格にできること、すばやい更新・修正といった管理の容易さを実現できること、また記述のミスを少なくすることができることがあります。
なお、CMSのデメリットとして考えられるのは、CMSの機能を学習する必要があり、既存コンテンツの移行作業が発生することです。
Posted by T.fujii

Related Posts

中小企業等事業再構築補助金 続報

中小企業等事業再構築補助金 続報

先日ご紹介しました、事業再構築補助金ですが、少し情報が詳細になったので補足致します。 事業再構築補助金についての詳細は下記をご覧ください。 事業再構築補助金でウェブサイト制作? ・採択率は60%以上?? こちらは予想になりますが、今回の予算規模(1.1兆円)から考えて60%以上になるという予測を立てられている専門家もいるので、チャレンジする価値はありかと思います。 実際には予算規模と応募数の兼ね合いになります。 1.1兆円が高いか、安いか。60%が高いか低いかというところですが、...

2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

2020年度最後の小規模事業者持続化補助金(一般型)2月5日まで

当ブログでも何度か取り上げた小規模事業者持続化補助金の最終締切が2月5日(金)(当日消印有効)に迫っています。 2020年度の同補助金としては最後の締切です。 従来からある小規模事業者持続化補助金ですが、2020年度はコロナ型が新設され、コロナ型では補助額も倍増し、公募回数も複数回にのぼるなど利用の機会も大きく増しました。 補助金としては珍しく広報費としてウェブサイトの制作やチラシ作成等に充てることも可能です。 初めての方はもちろんですが、申請したけど採択されなかった場合は再チャレンジもできるので是非チャレンジしてみて下さい。...

事業再構築補助金でウェブサイト制作?

事業再構築補助金でウェブサイト制作?

2020年は新型コロナウイルス感染症により世の中の生活様式は変わりビジネスにも大きな影響を及ぼしました。 そんな中、国の支援策として新たな補助金、(小規模事業者持続化補助金コロナ型、持続化給付金、IT導入補助金C類型等)が多く出てきた年でもあります。 2021年はまだスタートしたばかりですが、2020年と同じく活用できる補助金は上手く活用して苦難を乗り切る年にして頂ければと思います。 さて前置きが長くなりましたが「事業再構築補助金」のご案内です。 <2月4日 追記更新> 事業再構築補助金とは...