デザインについて


ホームページ制作にはデザインも大切な要素です。
ホームページのデザインは視覚的なデザイン要素を多く含みますが、一方的な情報発信にとどまらない要素を持つインターネットの性格上、目に見えるデザイン以外にも人の動きに関わるデザイン(情報デザインあるいは工業デザイン)の要素も求められます。
また、心理的な要素もあり、有名なのはネットでスクロールなしに記事を読むときは、目線はFもしくはZの形に動いているということです。
それと共に重要なのがどのような訪問者でも同じ情報が取得できることです。これをアクセシビリティといいます。ホームページは訪問者のブラウザ(インターネットを見るソフトウェア)によっても表示結果が異なる可能性があります。
ホームページを作成するのは簡単です。
専門的な知識がなくても作成でき、また構成に細かなミスがあっても大抵のブラウザは正しく理解し表示することができます。
しかし、訪問者がどのような環境でも同様に表示できるアクセシビリティにも考慮したデザインができてこそ、ホームページの原点である情報発信ができるではないでしょうか。
ホームページのデザインは見た目ばかりだけでなく、構造や機能性も含めて考えましょう。
Posted by T.fujii

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...