お問合せ方法について


ホームページの目的として、問い合わせ資料請求をお考えの方も多くいらっしゃいます。
ユーザーがホームページを訪問した際、それらのコンタクトをとるための方法として、簡単でコンタクトも素早く取れるのが電話です。ただ、業務時間外の対応が困難であり、記録が残らないというデメリットがあります。
そこで、せっかくホームページがあるのですから、コンタクトを取るための方法もホームページ内でうまく完結させるのはいかがでしょうか。ホームページを上から簡単に問い合わせができるメニューがあると、来訪者もアクションが起こしやすく、それだけ情報を得られる可能性が高くなります。それを実現するのがお問合せフォームです。
お問合せフォーム導入のメリットとして、回答の分類や整理が容易なことがあります。届くメールが定型であり、入力に選択式を利用していれば分類は容易になります。
また、メールアドレスを非公開にできることで迷惑メールを防止できます。そして自動返信でメールを送信できるので、フォローの速さや確実性といったことから信頼性向上にもつながります。
またユーザーのメリットとしては時間を気にすることなくいつでも問い合わせができることにあります。
回答項目も固定されており、またチェックボックスを使えば文章を入力することなく回答できるのでより回答しやすくなります。
藤井隆之Posted by T.fujii

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。