ホームページを診断してみましょう


今のホームページがその力を最大限発揮できているか。
webご担当の方なら気になるテーマですが、実際検証してみるとなるとどこを見ていいのか、難しいかもしれません。
まずは、以下の点に注目してみてはいかがでしょうか。
①独自ドメインの取得。
ドメインはホームページの住所ですが、独自ドメインであるかどうかがポイントです。
独自ドメインが取得できていれば、ホームページのブランド力を高めることにつながります。
.comや.netは、自分で独自ドメインを取得すれは、初期費用は無料で年間で900円~1000円で維持が可能です。
②SEOに着目しましょう。
簡単に言えばホームページが活動しているかどうかをもとに、検索結果に反映させる仕組みのことです。
YahooやGoogleなどの検索システムは、ホームページの活動の多寡に応じて結果に反映させます。つまり、更新が多いページは活動が多いと認識され、検索結果の上位に反映されやすくなります。ただ、更新が多いだけでなくキーワードに合わせたページ内容なのか、優良なコンテンツであるかどうかも必要になります。
適切なページタイトルをHTML文書内のheadタグの中にあるtitleタグに記述する事、各ページ毎に適切なタイトルを記述する事も大切です。また、見出しのタグ(h1,h2,h3,h4など)が正しく記述されているか、URL構造(全体の設計)がわかりやすい構造になっているかも必要です。
正しいHTML構文で記述されている事も必要ですが、それ以上にHTMLやフレーム構造でレイアウトのデザインすることなくCSSでデザイニングできているかということもポイントです。
③ページの読み込み速度も気にしましょう。
適切な画像ファイルを適切なファイルサイズに直すことも必要です。画像加工は、有料のアプリケーションもありますが、ホームページ用に加工するだけなら無料のレタッチソフトで十分です。
④簡単な更新システムであるCMSが導入されているでしょうか。
CMS導入により、HTMLソースを知らない人でもページが作れ、デザインも統一できるためホームページ全体のイメージ向上にもつながります。
⑤その他
忘れてはいけないのはユーザビリティやアクセシビリティです。つまり、どんな条件でも情報を正しく得ることができるかどうかです。ホームページを訪れる人は多種多様です。そのため、迷いにくい設計はもちろん、目の不自由な方が閲覧できるような仕組みも考慮しましょう。
Posted by T.fujii

Related Posts

雇用調整助成金について(2021年7月8日)

先日、厚生労働省から9月末まで延長することが発表されました。 内容などは、特に変更は内容です。 10月以降に関しては、8月中に発表されるようです。 詳細リンク...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...