ホームページを診断してみましょう


今のホームページがその力を最大限発揮できているか。
webご担当の方なら気になるテーマですが、実際検証してみるとなるとどこを見ていいのか、難しいかもしれません。
まずは、以下の点に注目してみてはいかがでしょうか。
①独自ドメインの取得。
ドメインはホームページの住所ですが、独自ドメインであるかどうかがポイントです。
独自ドメインが取得できていれば、ホームページのブランド力を高めることにつながります。
.comや.netは、自分で独自ドメインを取得すれは、初期費用は無料で年間で900円~1000円で維持が可能です。
②SEOに着目しましょう。
簡単に言えばホームページが活動しているかどうかをもとに、検索結果に反映させる仕組みのことです。
YahooやGoogleなどの検索システムは、ホームページの活動の多寡に応じて結果に反映させます。つまり、更新が多いページは活動が多いと認識され、検索結果の上位に反映されやすくなります。ただ、更新が多いだけでなくキーワードに合わせたページ内容なのか、優良なコンテンツであるかどうかも必要になります。
適切なページタイトルをHTML文書内のheadタグの中にあるtitleタグに記述する事、各ページ毎に適切なタイトルを記述する事も大切です。また、見出しのタグ(h1,h2,h3,h4など)が正しく記述されているか、URL構造(全体の設計)がわかりやすい構造になっているかも必要です。
正しいHTML構文で記述されている事も必要ですが、それ以上にHTMLやフレーム構造でレイアウトのデザインすることなくCSSでデザイニングできているかということもポイントです。
③ページの読み込み速度も気にしましょう。
適切な画像ファイルを適切なファイルサイズに直すことも必要です。画像加工は、有料のアプリケーションもありますが、ホームページ用に加工するだけなら無料のレタッチソフトで十分です。
④簡単な更新システムであるCMSが導入されているでしょうか。
CMS導入により、HTMLソースを知らない人でもページが作れ、デザインも統一できるためホームページ全体のイメージ向上にもつながります。
⑤その他
忘れてはいけないのはユーザビリティやアクセシビリティです。つまり、どんな条件でも情報を正しく得ることができるかどうかです。ホームページを訪れる人は多種多様です。そのため、迷いにくい設計はもちろん、目の不自由な方が閲覧できるような仕組みも考慮しましょう。
Posted by T.fujii

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...