Web担当へのメッセージ その1

2011年12月31日


一般的にホームページは、情報発信だけの手段とお考えかもしれません。
でも、それだけではホームページを活用しているとは言えません。ホームページには情報発信以外にも活用方法があります。
その一つに営業ツールとして力を発揮してくれることです。
ホームページは営業力を強化できるビジネスツールであるからこそ、公開しただけで満足されている様でしたら非常にもったいない使い方をしてます。
ホームページを活用する事で、既存顧客だけでなく、潜在的顧客に対して商品やサービスをアピールする事も可能です。
また、訪問者がどのようなキーワードでホームページにやってきて、どのように行動していたかを分析することで、情報発信の精度を高めたり、商品展開に活用したりと、従来とは違うアプローチからのマーケティングも可能です。
そんな「営業ツールとしてのホームページ」は作って終わりでなく、成長させていくことが大切です。
成長と言うとなかなか大変そうですが、コツをつかめば業者に頼まなくて自社で運用が可能です。
このブログの目的のひとつは、ホームページの運用をお金をかけずに自社で行っていく為のコツをまとめさせています。
Posted by Fujii

Related Posts

緊急事態宣言解除に伴う 電話受付について

この度、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言は解除されましたが、2次感染拡大防止のため、従業員のリモートワークは継続して実施してまいります。 6月以降もお電話の受付は、緊急用の電話番号 もしくは 担当営業の携帯電話に直接おかけください。 なお、受話できずにお待たせしてしまう等ご不便をおかけする場合がございますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申しあげます。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。

ホームページ制作の担当は社長がやるべき!?

ホームページの担当は誰がなる? 今までホームページを持っていない企業にとってホームページを新規で立ち上げることは大きなチャレンジです。 企業によってはプロジェクトチームを立ち上げて入念に打ち合わせを重ねることもあります。 ここでよく議論になるのが担当(責任者)をどうするのかということです。 担当(責任者)ということで一番に浮かぶのは社長ですが、数百人規模の大会社になると社長が全てを担当することは不可能です。...