Googleアナリティクスのリピート回数について

2011年12月11日

Googleアナリティクスを使用していると似ている用語に出くわし混乱することがあります。
今回はユーザーロイヤルティ > リピート回数と訪問(セッション)回数について取り上げます。

リピート回数について

結論から言うと「リピート回数」というより、「○回目のアクセス」という意味です。
例えをあげるとリピート回数3回 セッション1の場合
正解 ○ レポート期間中に1人が3回目のホームページの訪問をした
間違い× レポート期間中に1人がホームページに3回訪れた
違いは、必ずしも期間中に3回訪れた訳ではないということです。(3回訪れた可能性もあります。その場合はリピート回数2回、1回にも各1セッションづつ記録されます。)
レポート開始から遡り半年から2年前(これはjavascriptのクッキーの有効期間によります)に2回ホームページに訪問している場合。
リピート回数1回、2回にはセッションは記録されず3回目に1セッションだけ記録されます。
また訪問回数(セッション数)は30分を1単位として記録されます。
ホームページに訪れることで1セッション記録されます。
そしてホームページから1度離脱し再度戻ってきた場合30分以内なら1セッションのままですが、30分を超えての再訪は2セッション目として記録されます。(ページを開いたまま30分以上放置or滞在する場合も2セッション)
レポートを出す際など色々な指標を使うかもしれませんが、一般的な認識とアナリティクスの用語で表現や意味合いが異なることもありますので注意しましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。