Googleアナリティクスのリピート回数について

2011年12月11日

Googleアナリティクスを使用していると似ている用語に出くわし混乱することがあります。
今回はユーザーロイヤルティ > リピート回数と訪問(セッション)回数について取り上げます。

リピート回数について

結論から言うと「リピート回数」というより、「○回目のアクセス」という意味です。
例えをあげるとリピート回数3回 セッション1の場合
正解 ○ レポート期間中に1人が3回目のホームページの訪問をした
間違い× レポート期間中に1人がホームページに3回訪れた
違いは、必ずしも期間中に3回訪れた訳ではないということです。(3回訪れた可能性もあります。その場合はリピート回数2回、1回にも各1セッションづつ記録されます。)
レポート開始から遡り半年から2年前(これはjavascriptのクッキーの有効期間によります)に2回ホームページに訪問している場合。
リピート回数1回、2回にはセッションは記録されず3回目に1セッションだけ記録されます。
また訪問回数(セッション数)は30分を1単位として記録されます。
ホームページに訪れることで1セッション記録されます。
そしてホームページから1度離脱し再度戻ってきた場合30分以内なら1セッションのままですが、30分を超えての再訪は2セッション目として記録されます。(ページを開いたまま30分以上放置or滞在する場合も2セッション)
レポートを出す際など色々な指標を使うかもしれませんが、一般的な認識とアナリティクスの用語で表現や意味合いが異なることもありますので注意しましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...