Google Chrome、世界ブラウザ市場で初のFirefox超え

2011年12月24日


米GoogleのGoogle Chromeが11月の世界ブラウザ市場で初めてMozillaのFirefoxを抜き、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)に次ぐ2位になったとアイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterが12月1日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになりました。
FirefoxとはMozilla Foundationが公開しているオープンソースのWebブラウザで2004年11月に最初の正式版が発表されました。アドオンの追加など拡張機能が優秀でGoogleChormeが発表される2008年までIEとFirefoxがWebブラウザシェアの大半を占めてます。
それに対してGoogleChormeは2008年の12月にGoogleから発表され歴史は浅いものの競合ブラウザよりもWebページを読み込みが圧倒的に速いために、急速に市場シェアを拡大しました。
2011年11月時点でのWebブラウザシェアの割合はIEが40.63%、GoogleChorme25.69%Firefox25.23%、Safariは5.92%、Operaなどのその他ブラウザが2.53%となっています。
現在IEがシェアの半分近くを占めてますが、これはWindow購入時点でIEが標準装備されている事が大きいと予想されます。しかしながら、一旦他のブラウザを使用すると表示速度の速さや、拡張機能の豊富さが人気で近年IEからその他ブラウザに乗り換えているユーザーが増え続けています。PCは持っているが使用用途が検索やオフィスソフトだけと言うユーザーは基本的にIEがあれば不自由はないので他のブラウザを使用するまでに至りませんが、Googleは検索エンジンとしてのシェアが強く、それに伴いユーザーがGoogleChormeの広告が目に触れる機会も増え、それがGoogleChormeのシェア拡大に繋がったのではないでしょうか。
StatCounter最高経営責任者(CEO)のAodhan Cullen氏も「Chromeがこの調子で拡大すれば世界市場でIEの真のライバルになり、IEとChromeのし烈な競争が繰り広げられるだろう」と予測しています。
今後もGoogleChormeのシェア拡大に注目です。
Posted by Date

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...