Google Chrome、世界ブラウザ市場で初のFirefox超え

2011年12月24日


米GoogleのGoogle Chromeが11月の世界ブラウザ市場で初めてMozillaのFirefoxを抜き、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)に次ぐ2位になったとアイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterが12月1日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになりました。
FirefoxとはMozilla Foundationが公開しているオープンソースのWebブラウザで2004年11月に最初の正式版が発表されました。アドオンの追加など拡張機能が優秀でGoogleChormeが発表される2008年までIEとFirefoxがWebブラウザシェアの大半を占めてます。
それに対してGoogleChormeは2008年の12月にGoogleから発表され歴史は浅いものの競合ブラウザよりもWebページを読み込みが圧倒的に速いために、急速に市場シェアを拡大しました。
2011年11月時点でのWebブラウザシェアの割合はIEが40.63%、GoogleChorme25.69%Firefox25.23%、Safariは5.92%、Operaなどのその他ブラウザが2.53%となっています。
現在IEがシェアの半分近くを占めてますが、これはWindow購入時点でIEが標準装備されている事が大きいと予想されます。しかしながら、一旦他のブラウザを使用すると表示速度の速さや、拡張機能の豊富さが人気で近年IEからその他ブラウザに乗り換えているユーザーが増え続けています。PCは持っているが使用用途が検索やオフィスソフトだけと言うユーザーは基本的にIEがあれば不自由はないので他のブラウザを使用するまでに至りませんが、Googleは検索エンジンとしてのシェアが強く、それに伴いユーザーがGoogleChormeの広告が目に触れる機会も増え、それがGoogleChormeのシェア拡大に繋がったのではないでしょうか。
StatCounter最高経営責任者(CEO)のAodhan Cullen氏も「Chromeがこの調子で拡大すれば世界市場でIEの真のライバルになり、IEとChromeのし烈な競争が繰り広げられるだろう」と予測しています。
今後もGoogleChormeのシェア拡大に注目です。
Posted by Date

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...