Google Chrome、世界ブラウザ市場で初のFirefox超え

2011年12月24日


米GoogleのGoogle Chromeが11月の世界ブラウザ市場で初めてMozillaのFirefoxを抜き、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)に次ぐ2位になったとアイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterが12月1日(現地時間)に発表した調査結果で明らかになりました。
FirefoxとはMozilla Foundationが公開しているオープンソースのWebブラウザで2004年11月に最初の正式版が発表されました。アドオンの追加など拡張機能が優秀でGoogleChormeが発表される2008年までIEとFirefoxがWebブラウザシェアの大半を占めてます。
それに対してGoogleChormeは2008年の12月にGoogleから発表され歴史は浅いものの競合ブラウザよりもWebページを読み込みが圧倒的に速いために、急速に市場シェアを拡大しました。
2011年11月時点でのWebブラウザシェアの割合はIEが40.63%、GoogleChorme25.69%Firefox25.23%、Safariは5.92%、Operaなどのその他ブラウザが2.53%となっています。
現在IEがシェアの半分近くを占めてますが、これはWindow購入時点でIEが標準装備されている事が大きいと予想されます。しかしながら、一旦他のブラウザを使用すると表示速度の速さや、拡張機能の豊富さが人気で近年IEからその他ブラウザに乗り換えているユーザーが増え続けています。PCは持っているが使用用途が検索やオフィスソフトだけと言うユーザーは基本的にIEがあれば不自由はないので他のブラウザを使用するまでに至りませんが、Googleは検索エンジンとしてのシェアが強く、それに伴いユーザーがGoogleChormeの広告が目に触れる機会も増え、それがGoogleChormeのシェア拡大に繋がったのではないでしょうか。
StatCounter最高経営責任者(CEO)のAodhan Cullen氏も「Chromeがこの調子で拡大すれば世界市場でIEの真のライバルになり、IEとChromeのし烈な競争が繰り広げられるだろう」と予測しています。
今後もGoogleChormeのシェア拡大に注目です。
Posted by Date

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...