canon EOSkissX5

2011年12月29日

念願のデジタル一眼レフを手に入れました。canon EOSkissX5、今年の3月に発売されたものです。付属のレンズはEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II。重い荷物を持ち歩くのは苦手なので、あえて望遠レンズの付いていないセットを購入しました。
●画質
有効画素数約1800万。室内の撮影でもノイズが少なく、問題のない綺麗さです。
●操作性
操作時に説明を表示することも出来、初心者にも大変分かりやすいです。難点を強いて言うならBACKボタンが左上のMENUボタンであること。離れた位置にあるボタンにはじめは戸惑いましたが慣れると問題ないです。
●液晶
大きく見やすいのは勿論、X5はバリアングル液晶が搭載されています。前モデルのX4や、廉価版であるX50にはない仕様です。360度回転するので地面スレスレからの撮影や天体撮影などがしやすいほか、持ち運び中など使わない時には液晶を裏返しておけ傷の防止にもなります。
●機能性
購入の決め手のひとつとなったのが「クリエイティブフィルター」機能が付いていること。ラフモノクロ/ソフトフォーカス/魚眼風/トイカメラ風/ジオラマ風の全5種類の効果が選べ、複数の効果を重ねる事も可能です。撮影後にカメラ内で処理を施し新しいファイルとして保存しますが、RAWで撮影するため効果を重ねて保存しても劣化せず、綺麗な画質で楽しめます。これはもう「楽しい!」の一言に尽きます。フォトショップが手放せてしまいそうです。

上記の画像は撮影後、「トイカメラ風(寒色)+ジオラマ風」フィルターを設定しています。ジオラマ風にするとボカシがかかってコントラストも強まります。
デジイチを持つにあたって一番懸念していたのは”大きさ”。今までNikonのCOOLPIXのP90というコンパクトデジカメを使用していましたが、重さも大きさもさほど変わらず、X5の現物を手にして取り越し苦労だったと気付かされました。
ライブビュー撮影でのAFが遅いのが難点ですが、購入して正解だと思っています。
Posted by Fujita

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。