canon EOSkissX5

2011年12月29日

念願のデジタル一眼レフを手に入れました。canon EOSkissX5、今年の3月に発売されたものです。付属のレンズはEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II。重い荷物を持ち歩くのは苦手なので、あえて望遠レンズの付いていないセットを購入しました。
●画質
有効画素数約1800万。室内の撮影でもノイズが少なく、問題のない綺麗さです。
●操作性
操作時に説明を表示することも出来、初心者にも大変分かりやすいです。難点を強いて言うならBACKボタンが左上のMENUボタンであること。離れた位置にあるボタンにはじめは戸惑いましたが慣れると問題ないです。
●液晶
大きく見やすいのは勿論、X5はバリアングル液晶が搭載されています。前モデルのX4や、廉価版であるX50にはない仕様です。360度回転するので地面スレスレからの撮影や天体撮影などがしやすいほか、持ち運び中など使わない時には液晶を裏返しておけ傷の防止にもなります。
●機能性
購入の決め手のひとつとなったのが「クリエイティブフィルター」機能が付いていること。ラフモノクロ/ソフトフォーカス/魚眼風/トイカメラ風/ジオラマ風の全5種類の効果が選べ、複数の効果を重ねる事も可能です。撮影後にカメラ内で処理を施し新しいファイルとして保存しますが、RAWで撮影するため効果を重ねて保存しても劣化せず、綺麗な画質で楽しめます。これはもう「楽しい!」の一言に尽きます。フォトショップが手放せてしまいそうです。

上記の画像は撮影後、「トイカメラ風(寒色)+ジオラマ風」フィルターを設定しています。ジオラマ風にするとボカシがかかってコントラストも強まります。
デジイチを持つにあたって一番懸念していたのは”大きさ”。今までNikonのCOOLPIXのP90というコンパクトデジカメを使用していましたが、重さも大きさもさほど変わらず、X5の現物を手にして取り越し苦労だったと気付かされました。
ライブビュー撮影でのAFが遅いのが難点ですが、購入して正解だと思っています。
Posted by Fujita

Related Posts

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...

今からでも遅くないテレワークのポイント

今からでも遅くないテレワークのポイント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行と共にテレワークが注目されました。 国や自治体も盛んに人流抑制によるテレワークの導入を訴えていましたが、実は感染症対策の為に2020年にぽっと出てきた単語でないのです。 実は2017年頃より政府が推進した「働き方改革」の一つにテレワークがうたわれていました。...

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日(日本時間)に決定

先日マイクロソフトからIE11のサポート終了期限が発表されました。2022年6月16日(日本時間) IE(Internet Explorer)はバージョンを変えながら長年Windowsの標準ブラウザだったこともあり、親しみが深い人も多いと思います。 そもそも詳しい人以外はインターネット=IEとして、その他のブラウザの存在を意識していない方も多いと思います。...