canon EOSkissX5

2011年12月29日

念願のデジタル一眼レフを手に入れました。canon EOSkissX5、今年の3月に発売されたものです。付属のレンズはEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II。重い荷物を持ち歩くのは苦手なので、あえて望遠レンズの付いていないセットを購入しました。
●画質
有効画素数約1800万。室内の撮影でもノイズが少なく、問題のない綺麗さです。
●操作性
操作時に説明を表示することも出来、初心者にも大変分かりやすいです。難点を強いて言うならBACKボタンが左上のMENUボタンであること。離れた位置にあるボタンにはじめは戸惑いましたが慣れると問題ないです。
●液晶
大きく見やすいのは勿論、X5はバリアングル液晶が搭載されています。前モデルのX4や、廉価版であるX50にはない仕様です。360度回転するので地面スレスレからの撮影や天体撮影などがしやすいほか、持ち運び中など使わない時には液晶を裏返しておけ傷の防止にもなります。
●機能性
購入の決め手のひとつとなったのが「クリエイティブフィルター」機能が付いていること。ラフモノクロ/ソフトフォーカス/魚眼風/トイカメラ風/ジオラマ風の全5種類の効果が選べ、複数の効果を重ねる事も可能です。撮影後にカメラ内で処理を施し新しいファイルとして保存しますが、RAWで撮影するため効果を重ねて保存しても劣化せず、綺麗な画質で楽しめます。これはもう「楽しい!」の一言に尽きます。フォトショップが手放せてしまいそうです。

上記の画像は撮影後、「トイカメラ風(寒色)+ジオラマ風」フィルターを設定しています。ジオラマ風にするとボカシがかかってコントラストも強まります。
デジイチを持つにあたって一番懸念していたのは”大きさ”。今までNikonのCOOLPIXのP90というコンパクトデジカメを使用していましたが、重さも大きさもさほど変わらず、X5の現物を手にして取り越し苦労だったと気付かされました。
ライブビュー撮影でのAFが遅いのが難点ですが、購入して正解だと思っています。
Posted by Fujita

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...