CANON EF28mm F1.8 USM

2011年12月19日


このレンズを一言でいうと小さく軽い(約310g)が、描写がよく、色々な目的に使える万能レンズです。
また、レンズの明るさをいかし、室内でもフラッシュなしでの撮影が可能です。
さらによいことを追加するとAFが早い事(すごい!)です。しかもピントは、「ドンぴしゃ」。フルサイズの5DでもASPの40Dでもです。
世間ではLレンズを買えば、よい写真が撮れると思っている人が多いがLレンズに負けない非常に優秀なレンズです。
「軽い」「描写がよい」「明るい」「AF早い」「AFが正確」しかも「使いかってのよい画角」と6拍子そろってます。
あえて悪いところは、開放ではシャープさがない。シャープさを出すには2.8まで絞ることが必要。さらにコーナーのシャープさを望むならF4まで絞ると完璧。(ここまで望むのならLレンズの28mmF1.4の購入しかないでしょう。)
下記のサイトを参照してください。
Digital SLR and Lens Image Quality Comparison
その他、手ぶれ防止機能(IS)がついていないこと等ありますが、被写体と背景をある程度離せばいい「ボケ」がでるし、APS-Cでは画角が44.8mm相当となるため、標準レンズに近い使い方ができます。
価格は、49545円で何とも微妙な値段。
しかし!このレンズの周りにあるレンズを見てみると下記の様な感じになりかなりのお買い得なレンズという事が分かるのではないでしょうか。
暗いレンズ(軽いし、お手頃価格)
EF24mmF2.8 34400円
EF28mmF2.8  24725円
EF35mmF2 27474円
EF28mm F1.8 USM 49545円(パーフェクト。ただし私にとって)
その上の明るいLレンズ(一般消費者を馬鹿にした価格)
EF24mmF1.4L USM 164824円
EF35mmF1.4L USM 141600円
※全て、2011/12/18 のamazon.co.jpの価格です。
下記の画像は、先日S100が発売されて安くなったので購入したS95で撮影してみました。

三木 太郎Posted by T.Miki

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...