CANON EF28mm F1.8 USM

2011年12月19日


このレンズを一言でいうと小さく軽い(約310g)が、描写がよく、色々な目的に使える万能レンズです。
また、レンズの明るさをいかし、室内でもフラッシュなしでの撮影が可能です。
さらによいことを追加するとAFが早い事(すごい!)です。しかもピントは、「ドンぴしゃ」。フルサイズの5DでもASPの40Dでもです。
世間ではLレンズを買えば、よい写真が撮れると思っている人が多いがLレンズに負けない非常に優秀なレンズです。
「軽い」「描写がよい」「明るい」「AF早い」「AFが正確」しかも「使いかってのよい画角」と6拍子そろってます。
あえて悪いところは、開放ではシャープさがない。シャープさを出すには2.8まで絞ることが必要。さらにコーナーのシャープさを望むならF4まで絞ると完璧。(ここまで望むのならLレンズの28mmF1.4の購入しかないでしょう。)
下記のサイトを参照してください。
Digital SLR and Lens Image Quality Comparison
その他、手ぶれ防止機能(IS)がついていないこと等ありますが、被写体と背景をある程度離せばいい「ボケ」がでるし、APS-Cでは画角が44.8mm相当となるため、標準レンズに近い使い方ができます。
価格は、49545円で何とも微妙な値段。
しかし!このレンズの周りにあるレンズを見てみると下記の様な感じになりかなりのお買い得なレンズという事が分かるのではないでしょうか。
暗いレンズ(軽いし、お手頃価格)
EF24mmF2.8 34400円
EF28mmF2.8  24725円
EF35mmF2 27474円
EF28mm F1.8 USM 49545円(パーフェクト。ただし私にとって)
その上の明るいLレンズ(一般消費者を馬鹿にした価格)
EF24mmF1.4L USM 164824円
EF35mmF1.4L USM 141600円
※全て、2011/12/18 のamazon.co.jpの価格です。
下記の画像は、先日S100が発売されて安くなったので購入したS95で撮影してみました。

三木 太郎Posted by T.Miki

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。