CANON EF28mm F1.8 USM

2011年12月19日


このレンズを一言でいうと小さく軽い(約310g)が、描写がよく、色々な目的に使える万能レンズです。
また、レンズの明るさをいかし、室内でもフラッシュなしでの撮影が可能です。
さらによいことを追加するとAFが早い事(すごい!)です。しかもピントは、「ドンぴしゃ」。フルサイズの5DでもASPの40Dでもです。
世間ではLレンズを買えば、よい写真が撮れると思っている人が多いがLレンズに負けない非常に優秀なレンズです。
「軽い」「描写がよい」「明るい」「AF早い」「AFが正確」しかも「使いかってのよい画角」と6拍子そろってます。
あえて悪いところは、開放ではシャープさがない。シャープさを出すには2.8まで絞ることが必要。さらにコーナーのシャープさを望むならF4まで絞ると完璧。(ここまで望むのならLレンズの28mmF1.4の購入しかないでしょう。)
下記のサイトを参照してください。
Digital SLR and Lens Image Quality Comparison
その他、手ぶれ防止機能(IS)がついていないこと等ありますが、被写体と背景をある程度離せばいい「ボケ」がでるし、APS-Cでは画角が44.8mm相当となるため、標準レンズに近い使い方ができます。
価格は、49545円で何とも微妙な値段。
しかし!このレンズの周りにあるレンズを見てみると下記の様な感じになりかなりのお買い得なレンズという事が分かるのではないでしょうか。
暗いレンズ(軽いし、お手頃価格)
EF24mmF2.8 34400円
EF28mmF2.8  24725円
EF35mmF2 27474円
EF28mm F1.8 USM 49545円(パーフェクト。ただし私にとって)
その上の明るいLレンズ(一般消費者を馬鹿にした価格)
EF24mmF1.4L USM 164824円
EF35mmF1.4L USM 141600円
※全て、2011/12/18 のamazon.co.jpの価格です。
下記の画像は、先日S100が発売されて安くなったので購入したS95で撮影してみました。

三木 太郎Posted by T.Miki

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...