WordPress vs Movable Type

2011年11月17日


現在のWEB業界に欠かせない存在になっているCMS(Content Management System) その中でも今回はWordPressMovable Typeに焦点を当てて行きたいと思います。
まず、両者の一般的なメリットとデメリットを紹介します。
WordPress
<メリット>

  1. テンプレートやプラグインの豊富。
  2. 再構築というステップがない。
  3. ページ作成メニューがあり独立したページの作成と管理が容易。
  4. インストールが容易。

<デメリット>

  1. 表示時にDBからデータを取得し動的にページを表示するため、表示速度が遅い。
  2. オープンソースなのでカスタマーサポートが設けられていない。
  3. 英語でのドキュメントが多い。

Movable Type
<メリット>

  1. 日本語ドキュメントが多くトラブルがあった時の対策を見つけやすい。
  2. 静的なページ生成なのでページの表示がスムーズ。
  3. カスタマーサポートが設けられている。(但し対応はメールのみ)

<デメリット>

  1. エントリー数が増えると再構築に時間がかかる。
  2. WordPressに比べ動作が重い。
  3. テンプレートやプラグインの開発速度が遅い。
  4. サポート会社が開発をやめる、もしくは倒産した場合サポートなどの不安が残る

と、メリット、デメリットはありますが私の思う一番の違いは、WordPress無料で使用できますが、Movable Typeは商用利用時の使用する際有料と言う所でしょうか。
さらに以前は複数ブログの管理ができる事がMovable Typeの大きな利点でしたが、WordPress3.0からはWordPressも複数ブログの管理ができる様になり、テンプレートやプラグインの豊富さもあってMovable TypeからWordPressに移行しているユーザーが跡を絶たない点を見ても現在はWordPressに軍配が上がるのではないでしょうか。
WordPressはオープンソースであるため、誰でも自由に拡張・改良できるのも一つの魅力だと思います。
もちろんどちらのCMSも使用するユーザーの負担を減らす事を目的に作られている点は一緒なので使用用途に合わせ使い分けるのがベストなのではないでしょうか。
Posted by Date

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

IT導入補助金 2021

IT導入補助金 2021

昨年ご好評頂いたIT導入補助金が今年も始まります。 といっても弊社のサービスではなく、経済産業省の補助事業です。 近年、毎年複数回に区切って実施されるIT導入補助金ですが、今年度は4月7日(水)から申請受付開始で初回締切は5月14日(金)の予定です。 ※例年通りですと2次締切、3次締切と新設されていきます。 毎年細かい形式が変わる補助金で今年度は昨年のマイナーリニュアルという形のようですが改めて概要ご紹介します。 弊社も昨年支援事業者として登録をしており今年も登録予定です。...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...