コンバージョン単価と広告の費用対効果

2011年11月10日


広告の効果測定の指標の一つとしてコンバージョン単価があります。
簡単に言うとコンバージョン(目標とする顧客アクション、資料請求や商品購入など)を得るまでにいくら広告費用をかけたかということです。
ECサイトの場合、商品利益とコンバージョン単価を比較して広告を継続するか停止するかを検討する事になります。
例えば
1000円の商品:利益200円
クリック単価:50円
コンバージョン率:20パーセント
上記の場合、利益200円に対して広告費が250円です。
そうなるとこの広告は費用対効果が悪いので停止しようと判断するかもしれません。
しかしながら、ここで少し考慮するべき点があります。
1. アドワーズの場合クリックスルーコンバージョンだと1ユニークユーザ辺り30日以内で何度コンバージョンが成立しても1度だけしか記録されないということです。
というのは、1人が複数の商品を買ってくれても最初のコンバージョンの記録しか残らない為、実は広告費250円で200円以上の利益が上がっているかもしれないという可能性があるのです。
2. ファンになってくれた今後のリピータのことを考慮する必要があります。
アドワーズ広告はあくまで新規のお客様に対してきっかけを与えるものです。
Webサイトや商品を気に入ってくれたら次回からはブックマーク等からWebサイトを訪れ商品購入などをしてくれるでしょう。
ワサビのWebサイトの理想とするのは、何度もリピータが訪れてくれ、ECサイトの場合では特に広告費をかけないでも利益が出る事です。
みかけの費用対効果の判断も大切ですが、アドワーズの仕組みやHPのアクセスログ分析を元に判断しましょう。
Posted by Nakagawa

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...