Google Voice

2011年11月14日


私は「電話回線」「IP電話」「携帯電話」を法人用で販売した経験があります。
当時(今から8年ほど前)IP電話という存在は活気的でした。
なぜなら同じプロバイダ同士の会話が「無料」だったからです。
今は携帯電話同士も通話無料(決められた時刻内)であったり、スカイプの誕生で国際電話も手軽に無料で通話が出来たりと技術とサービスが進歩しました。
しかし、今回一番最新で一番格安の電話サービスが誕生したので紹介させて頂きます。
その「一番」の電話サービスが「Google Voice」です。
こちらはIP網を技術としたサービスです。
IP電話は、「音声が悪い」や「相手がオンラインでないと通話が出来ない」はたまた「ハードを揃えるのにお金がかかる」というデメリットのイメージがあると思います。
ですが、今回のこのGoogle Voiceはそのデメリットを解決致しました。
まず音声は、高品質でネットワークの障害がない限り安定しております。
ハードはパソコンがあれば全く問題ありません。
気になる通話のお値段ですが、以下の通りです。
国内の通話料金は、固定電話宛てが1分0.02米ドル(約1.56円)、ケータイだと1分0.11米ドル(約8.58円)になります。
業界で一番安くて安心なサービスです。
また、オンラインにする必要はありませんので、指定の電話番号にかけるだけです。
もし、ソフトバンク同士で21時~1時の間で通話する場合はGoogle Voiceを使用するとかなりお得です。
また、オフィスでもクライアントと通話する際も経費の削減のお手伝いしてもらえるサービスでもあります。
ナンバーディスプレイには「非通知」と表示されるので、折り返しが出来ないのと「非通知設定」にしている場合は不可です。
手間ですが、事前に「Google Voiceを使用しているからお願い」と一言添えて頂くと円滑に通話できます。
Posted by Y.Miki

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...