CANON EF50mm F1.4 USM

2011年11月18日


いつの間にかAFが使えなくなったこのレンズ、約2年間ほったらかしでしたがどうしても50mmが使いたくなり修理をして一昨日手元に戻ってきました。
OLDの5Dに付けて、懐かしみながら楽しんでいます。
キャノンの撒き餌レンズと言われる 50mmの1.8が非常に評判がよい為、14000円出して修理をするか1.8の新品を買うかを1週間悩み修理に至りました。
1.8では、逆立ちしても1.4までの解放は出来ないという背中を押すようなブログを読んでしまったからです。
梅田のヨドバシカメラで3万円ちょっとで新品も買えます。
実は、このレンズ2回購入したレンズで通算10年以上は使用しています。
なんと言ってもセールスポイントは、フラッシュなしで暗い場所でも撮影が出来るというキャノンの中でも抜群に便利なレンズです。
しかも、30000円ちょっとで購入が出来るという驚きのコストパフォーマンス。F2.8のLのズームレンズの4分1のシャッター速度で撮影が出来ます。
また、13万弱のF1.2と比べ軽くあつかいやすい。(実際F1.2は、スポーツ撮影にも向いてないし、、、。が、天体撮影にはすごくよいらしい)
わたしの場合、解放はほとんど使わない(というよりも色々な意味でおすすめでない)。F2もしくは、F2.8までしぼる事が多いです。
見た目や触った感じは、やはり安っぽいのですが教科書通りというか標準レンズとしてかなり優等生ではないでしょうか。
ちなみに僕は、フルサイズでしか使ったことがないのですが、APS-Cだと約80mmになりポートレイトにはぴったりのレンズとなります。

Posted by T.Miki

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...