CANON EF50mm F1.4 USM

2011年11月18日


いつの間にかAFが使えなくなったこのレンズ、約2年間ほったらかしでしたがどうしても50mmが使いたくなり修理をして一昨日手元に戻ってきました。
OLDの5Dに付けて、懐かしみながら楽しんでいます。
キャノンの撒き餌レンズと言われる 50mmの1.8が非常に評判がよい為、14000円出して修理をするか1.8の新品を買うかを1週間悩み修理に至りました。
1.8では、逆立ちしても1.4までの解放は出来ないという背中を押すようなブログを読んでしまったからです。
梅田のヨドバシカメラで3万円ちょっとで新品も買えます。
実は、このレンズ2回購入したレンズで通算10年以上は使用しています。
なんと言ってもセールスポイントは、フラッシュなしで暗い場所でも撮影が出来るというキャノンの中でも抜群に便利なレンズです。
しかも、30000円ちょっとで購入が出来るという驚きのコストパフォーマンス。F2.8のLのズームレンズの4分1のシャッター速度で撮影が出来ます。
また、13万弱のF1.2と比べ軽くあつかいやすい。(実際F1.2は、スポーツ撮影にも向いてないし、、、。が、天体撮影にはすごくよいらしい)
わたしの場合、解放はほとんど使わない(というよりも色々な意味でおすすめでない)。F2もしくは、F2.8までしぼる事が多いです。
見た目や触った感じは、やはり安っぽいのですが教科書通りというか標準レンズとしてかなり優等生ではないでしょうか。
ちなみに僕は、フルサイズでしか使ったことがないのですが、APS-Cだと約80mmになりポートレイトにはぴったりのレンズとなります。

Posted by T.Miki

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...