Adobe モバイルブラウザ向け Flash の開発を終了。HTML5へ注力。


先日Adobeがモバイルブラウザ向け Flash の開発を終了する事を発表しました。
今後モバイルブラウザ向け Flashに関してはサポートのみの対応になります。
ご存知の方も多いと思いますがアップル社が提供するiOS(iPhone、iPod、iPad)は発表の段階からFlashは対応していません。
理由としてはApple社はWebに関連する全ての標準はオープンであるべきと言う考えがあり、FlashAdobeが価格や機能強化などをコントロールしているのでAdobe単独の製品である事や、開発のスピードをどちらかに合わせないといけない点、動画をソフトウエアでデコードすると消費電力が大きくなるのでモバイル端末には適していない事などが挙げられます。
一方、iPhoneには見れないFlashを見れるスマートフォンと言う事で注目が集まったAndroidはどうなるのか?
やはりiOSと同じくAdobe AIRとHTML5へ注力していくことになりそうです。
こうなるとiPhoneとAndroidの差別化が難しくなってきます。
HTML5は今までのHTMLとは違い、専用のソフトウェアを使わずにビデオやオーディオの再生が可能になり、HTML5の対応しているブラウザであればプレーヤーなどをインストールせずに動画や音楽を楽しむ事ができます。
今後PC向けのFlashの開発は続けられるとの事ですが、モバイルブラウザ向けFlashの開発を終了した事から見てもFlashからHTML5への移行は避けられません。
HTML5自体まだ対応しているブラウザが少ないので今すぐFlashが無くなる事はないですが、開発が進むにつれ世の中からFlashが無くなることも近い将来あるかもしれません。
これからのHTML5の開発に注目します。
ソースは、こちらのAdobeのサイトから。
Posted by Date

Related Posts

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

第三者のプロ目線でホームページをチェック!

今や企業としてホームページを持つことは当たり前の時代ですがホームページを作ったまま放置していませんか?ホームページは不変的なものではなく、車などと同じく定期的なチェックやメンテナンスが必要です。 車のメンテナンスは安全性を守るため。それではホームページはというと情報の鮮度を保ち、本来の目的を果たし機会を損失しないためにもメンテナンスが大切になってきます。...

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

SDGsの取り組みで優秀な人材を獲得!?

ここ数年SDGs(エス・ディー・ジーズ)が盛んに取り上げられていますが、SDGsの取り組みによって優秀な人材獲得を目指しましょう。 SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは SDGsは国連が「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で示した2016年から2030年までの国際的な持続可能な開発目標です。 アルファベットそのままに読むとエス・ディー・ジー・エスになりますが、Sustainable Development Goalsの略であり最後はジーエスでなくジーズと呼ぶのが正しいです。...

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者は最大30万円の一時支援金が受けられる!?

兵庫県内の事業者の方は最大30万円の一時支援金が受けられる可能性があるのでご紹介です。 原油価格や原材料価格高騰等への対策として、売上の減少した中小法人・個人事業主等の事業継続を支援するため最大30万円の兵庫県中小企業等原油価格・物価高騰対策一時支援金が受給可能です。 返還義務はありませんが、要件に該当しない、不正受給などはもちろん返還対象となるのでお気をつけ下さい。 対象 ①次の「ア」または「イ」を満たすこと ア 国の事業復活支援金を受給していること (対象月:令和3年11月分から令和4年3月分までのいずれかの月)...