Adobe モバイルブラウザ向け Flash の開発を終了。HTML5へ注力。


先日Adobeがモバイルブラウザ向け Flash の開発を終了する事を発表しました。
今後モバイルブラウザ向け Flashに関してはサポートのみの対応になります。
ご存知の方も多いと思いますがアップル社が提供するiOS(iPhone、iPod、iPad)は発表の段階からFlashは対応していません。
理由としてはApple社はWebに関連する全ての標準はオープンであるべきと言う考えがあり、FlashAdobeが価格や機能強化などをコントロールしているのでAdobe単独の製品である事や、開発のスピードをどちらかに合わせないといけない点、動画をソフトウエアでデコードすると消費電力が大きくなるのでモバイル端末には適していない事などが挙げられます。
一方、iPhoneには見れないFlashを見れるスマートフォンと言う事で注目が集まったAndroidはどうなるのか?
やはりiOSと同じくAdobe AIRとHTML5へ注力していくことになりそうです。
こうなるとiPhoneとAndroidの差別化が難しくなってきます。
HTML5は今までのHTMLとは違い、専用のソフトウェアを使わずにビデオやオーディオの再生が可能になり、HTML5の対応しているブラウザであればプレーヤーなどをインストールせずに動画や音楽を楽しむ事ができます。
今後PC向けのFlashの開発は続けられるとの事ですが、モバイルブラウザ向けFlashの開発を終了した事から見てもFlashからHTML5への移行は避けられません。
HTML5自体まだ対応しているブラウザが少ないので今すぐFlashが無くなる事はないですが、開発が進むにつれ世の中からFlashが無くなることも近い将来あるかもしれません。
これからのHTML5の開発に注目します。
ソースは、こちらのAdobeのサイトから。
Posted by Date

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。