楽天S4(スーパーソーシャルショップサービス)とは

2011年11月12日


Facebook上で企業ページを作成する、目的は何でしょうか。
例えば、Facebook上での購入や資料請求、またはコミュニティの形成をするなどが一般的です。
では、楽天市場やヤフーショップに出店している場合ショップへの流入を増やす広告施策としては利用できるのでしょうか。
このタイミングで楽天市場から各店舗にメールが送られました。
(以下引用)
楽天S4(スーパーソーシャルショップサービス) 導入のご案内
楽天S4は、楽天株式会社がFacebook上の企業ページの制作を代行し、そのページと楽天市場の出店ページとを自動連携させるサービスです。
店舗様側では楽天市場で商品登録を行うだけで、自動的にFacebook上の企業ページにも商品情報が反映されます。
(ここまで)
平たく言えば、商品カタログをFacebookで作ることができるという事です。
ウォールへの投稿は「いいね」を押したファンに反映され、そこから「シェア」されれば投稿を見られる可能性は加速度的に向上する

Facebookの「ソーシャル」たる性格を上手く活用できれば、ショップへの流入を増やせる魅力的なツールとなる。
わたし達が、考察しなければいけないポイントは、もちろん費用対効果です。
年内は無料で、来年以降が月額3,000円および売り上げの1%の課金ということであるが、Facebookページを作ること自体はそれほど難しくはなく、またiFrameで外部ページを読み込ませることも可能である。
ソースは、マイナビニュース
そして気になったのは次の言葉。
————————————————————————————-
※本サービスは、全店舗様に導入を予定している有料サービスです。
利用を希望されない場合は、3.に記載のお手続きが必要になりますのでご注意ください。
————————————————————————————-
解約手続きを取らないと「勝手に」Facebookページを作られてしまうということである。
(普通は、やりたい人が申し込む逆ではないでしょうか。)
しかも「オプトアウト」って「利用拒否」だけでいいのでは?
(混乱を招くのでは?)
Facebookページはいわば公式ページ。
そういったものを希望者を募るのでなく、一括して作るのは少々軽率ではないだろうか。
前回のリクルートがやってしまった「じゃらん」の件を思い出してしまいました。
ソースは、こちら
しかし、ここからは私の意見ですが楽天市場自体が外部リンクを禁止しているのに「facebook」という外部に自分たちからリンクをするというのはどうなんでしょうか。(1%手数料というのも気になる)
しかも、結構一方的にお知らせ、承諾を拒否しなければ課金されますよという少々「乱暴」な告知。
実際、facebookって何?という人が多いのに説明もなしにすすめられても困ってしまいますよね。
なんかしっくりこない話でした。
Posted by Fujii

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。