サイト内検索とSEO

· · | アナリティクス · ブログ

Webサイトを運用するという事は、様々なデータをアクセスログにより解析できるというメリットがあります。
これは、他の媒体と違いかなり細かいデータを取得できます。
通常は、スクリプトを埋め込んでデータを取得したものをレポート化するのですがプラス「サイト内検索」を分析する事で今まで見えなかった事も見えてくる事もあります。
例えば、訪問者が自社サイトでどんな事を知りたがっていたのかが分かるのです。
コンバージョンにつながった人は、どのページでどんなキーワードで検索してどのページに行ったのかまで落とし込めればサイトの再構築の際も色々と参考になります。
しかし、一番重要な事は何の目的でサイトに来たのかが分かるという事です。
その事で重要な事は、そのコンテンツがしっかりあるのかが問題です。
おすすめは、Googleのカスタム検索を設置してgoogle analyticsで解析する事です。
Google検索は、インデックスされていないと検索結果に反映されないや無料版だと広告が出てしまう事がデメリットですがそれを差し引いたとしても非常に使いやすいサービスです。
Google検索窓の設置は、下記から簡単に登録が可能です。
http://www.google.com/cse/?hl=ja
更にサイトのレイアウト内に表示することも、コードを貼付けるだけで簡単に出来ます。