無効なクリックが自動フィルタシステムをすり抜けた場合

| マーケティング · SEO · アナリティクス

「広告の無効なクリックと表示に対する Google の対策」では、

Google システムでは広告の無効なクリックと表示はほとんどの場合、自動的に除外され、このような操作に対して広告主に料金が請求されることはありません。

と、システムによる自動検出とスタッフによる確認で広告に対しての不正なクリックを排除してくれます。
それでもこの「システムによる自動処理」をすり抜けた場合の対処は、どうしているのでしょうか。

専門チームが特殊な各種ツールや、ユーザーの行動の追跡と監視や事例分析などの幅広い経験に基づくさまざまな技術を駆使して、無効な操作を検出します。Google では、検出システムを常に改善し、無効な操作に対して積極的に対処しております。

上記の様に「専門管理チーム」が分析しているんです。
ここがすごいですね。
ちなみに「無効なクリック」「無効なクリック率」は、キャンペーンの表示項目で項目を選択して数値を確認する事ができます。