無効なクリックが自動フィルタシステムをすり抜けた場合

「広告の無効なクリックと表示に対する Google の対策」では、

Google システムでは広告の無効なクリックと表示はほとんどの場合、自動的に除外され、このような操作に対して広告主に料金が請求されることはありません。

と、システムによる自動検出とスタッフによる確認で広告に対しての不正なクリックを排除してくれます。
それでもこの「システムによる自動処理」をすり抜けた場合の対処は、どうしているのでしょうか。

専門チームが特殊な各種ツールや、ユーザーの行動の追跡と監視や事例分析などの幅広い経験に基づくさまざまな技術を駆使して、無効な操作を検出します。Google では、検出システムを常に改善し、無効な操作に対して積極的に対処しております。

上記の様に「専門管理チーム」が分析しているんです。
ここがすごいですね。
ちなみに「無効なクリック」「無効なクリック率」は、キャンペーンの表示項目で項目を選択して数値を確認する事ができます。

Related Posts

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...