XHTMLの立ち位置とHTML5について

2011年7月13日

制作部との雑談でもよくXHTMLの話が出てきました(過去形)。
彼らが学校などで教えてもらったのXHTMLベースで学んでいたからです。
今回は、HTML(Hyper Text Markup Language)XHTML(eXtensive Hyper Text Markup Language)について簡単に書きます。
完全独学のわたしは、そもそもXHTMLの立ち位置が分かりませんでした。
それは、元々XHTMLがなぜ出来たかにもよると思います。
化学式、数式と多様なことをHTMLでは表現することができませんでした。
HTMLは拡張性が乏しかったためです。
そこで、W3Cは拡張性が高いXML(eXtensive Markup Language)で、Web上で化学式、数式を表現することを検討しましたが、XMLは、すべてのブラウザ(特にシェアが最大であったIE6に!)対応してませんでした。
しかも、技術的なスキルでなく、芸術的スキルが高いウェブデザイナーがXMLを新たに学ぶことは結果論ですが、あり得ませんでした。
そこで、W3CはXMLを元にHTML4.01を意識したXHTML1.0を2000年に作りました。
(今から11年も前に!)
MTなどのブログシステムに採用されていたこともあり爆発的にXHTMLは広がって行きました。
しかし、バーナーズ・リーがブログで下記の様に記述しています。
 「数年が経過した今となっては、いくつかのことがよりハッキリしてきました。HTMLを徐々に進化させるのは必要です。世の中を一気にXMLにスイッチするという試み――属性値をクオートで囲むだとか、空タグにもスラッシュを付けるだとか、名前空間を使うといったことも含みます――、そうした試みは、まったくうまく行きませんでした。HTMLを作っている多くの人々は、主にWebブラウザが特に不平をいわないからという理由で移行しませんでした」。
実際、わたしはある時期XHTMLを意識したソースを書いてましたがHTML5の出現により結局は、HTML4HTML5を意識しながら)で記述してました。
例えば

など終了タグが無いものに
と記述したり。。。
そうこうしている中、W3Cが、「XHTML 2」の策定を打ち切り、2012年の勧告の「HTML 5」の標準化に力を注ぐことを明らかにしました。(実は、HTML5の開発開始は2004年です。)
ただ、XHTMLは無くなるのか?という疑問ですが、Bruce Lawsonが興味深い記事「HTML 5 + XML = XHTML 5」を書いてます。
HTML 5 + XML = XHTML 5
まとめですが、XHTMLは無くならないでしょう。
しかし、一般的な閲覧者やデザイナーにとって選択肢が2つあるという意味では困惑を招きます。
そのため、当社ではHTML5を基本的に採用してXMLで対応しなければならないときはオプションとして利用していく予定です。

Related Posts

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...