XHTMLの立ち位置とHTML5について

2011年7月13日

制作部との雑談でもよくXHTMLの話が出てきました(過去形)。
彼らが学校などで教えてもらったのXHTMLベースで学んでいたからです。
今回は、HTML(Hyper Text Markup Language)XHTML(eXtensive Hyper Text Markup Language)について簡単に書きます。
完全独学のわたしは、そもそもXHTMLの立ち位置が分かりませんでした。
それは、元々XHTMLがなぜ出来たかにもよると思います。
化学式、数式と多様なことをHTMLでは表現することができませんでした。
HTMLは拡張性が乏しかったためです。
そこで、W3Cは拡張性が高いXML(eXtensive Markup Language)で、Web上で化学式、数式を表現することを検討しましたが、XMLは、すべてのブラウザ(特にシェアが最大であったIE6に!)対応してませんでした。
しかも、技術的なスキルでなく、芸術的スキルが高いウェブデザイナーがXMLを新たに学ぶことは結果論ですが、あり得ませんでした。
そこで、W3CはXMLを元にHTML4.01を意識したXHTML1.0を2000年に作りました。
(今から11年も前に!)
MTなどのブログシステムに採用されていたこともあり爆発的にXHTMLは広がって行きました。
しかし、バーナーズ・リーがブログで下記の様に記述しています。
 「数年が経過した今となっては、いくつかのことがよりハッキリしてきました。HTMLを徐々に進化させるのは必要です。世の中を一気にXMLにスイッチするという試み――属性値をクオートで囲むだとか、空タグにもスラッシュを付けるだとか、名前空間を使うといったことも含みます――、そうした試みは、まったくうまく行きませんでした。HTMLを作っている多くの人々は、主にWebブラウザが特に不平をいわないからという理由で移行しませんでした」。
実際、わたしはある時期XHTMLを意識したソースを書いてましたがHTML5の出現により結局は、HTML4HTML5を意識しながら)で記述してました。
例えば

など終了タグが無いものに
と記述したり。。。
そうこうしている中、W3Cが、「XHTML 2」の策定を打ち切り、2012年の勧告の「HTML 5」の標準化に力を注ぐことを明らかにしました。(実は、HTML5の開発開始は2004年です。)
ただ、XHTMLは無くなるのか?という疑問ですが、Bruce Lawsonが興味深い記事「HTML 5 + XML = XHTML 5」を書いてます。
HTML 5 + XML = XHTML 5
まとめですが、XHTMLは無くならないでしょう。
しかし、一般的な閲覧者やデザイナーにとって選択肢が2つあるという意味では困惑を招きます。
そのため、当社ではHTML5を基本的に採用してXMLで対応しなければならないときはオプションとして利用していく予定です。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。