SORBS サーバー設定変更

2011年7月23日

SORBSを参照しているメールサーバーへのメール送信が拒否されます。
原因は、利用しているIPアドレスで、SPAM送信が行われたことにより、利用しているIPアドレスがブラックリストに登録されたためです。
SORBSとは、ブラックリストを運営する任意団体のひとつ(http://www.au.sorbs.net/)です。
解決するには、下記の4つの方法があります。
1. ブラックリストの解除申請をする。SORBSに対しブラックリストの解除申請を強く要求することです。しかしながら、ほとんど応答が得られない状況です。解決までには相当な時間がかかると予想します。
2. IPアドレスの変更を行うこと。
3. メール送信先のシステム担当者にSORBSの参照を中止するようお願いする。
4. メール送信に別のSMTPサーバを利用する。
当社のサーバー、ホットメールからのメール受信不具合が発生しました。
ホットメールの複数存在するメールサーバーのうち、いくつかのサーバーがsorbsのブラックリストサービスに登録されていたからです。
サーバーはsorbsのブラックリストを参照するため、sorbsのブラックリストに登録されている送信元からのメールは受信拒否し、エラーを返します。
これを回避する方法といたしまして、下記の2つがあります。
(1)sorbsに解除を申請する
(2)サーバーでsorbsの参照設定を解除する
で、(2)サーバーの調整をいたしました。
(1)SSHで接続
(2)下記コマンドを実行
vuninstall sendmail-rbls
ということで無事解決しました。
少し古い記事ですが、すごくいい記事です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060410/234903/?ST=win

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。