SEOについての考え方

2011年7月21日

現場でもよくSEOについて質問があります。極端な話ですが、「SEOだけお願いします」という方もおられます。

ただ、このSEO一般的には

「検索結果の順位が1位に近づくようにしてください。」

というだけの解釈をされている方が多いのが現状です。

もちろん、それが間違っているとは言えません。

原因は、SEOという言葉が一人歩きをしてしまっているところがあるからです。

では、どういった風に一人歩きしているのか?

それは、SEO業者と呼ばれる企業の電話でのトークであったり、その代理店である企業の営業さんのトークで「SEO=順位を1ページ目に表示しましょう」という説明をしているからだと考えてます。

結果的に、というよりも必然的に順位は1位に近づく事もあります。その反対で、順位が下る可能性もあります。(たまに当社にもSEO業者から営業電話がかかってきますが、今よりも順位が下がった場合のリスクや保証の話になると、かなり苦しい回答です。)

前置きは、長くなりましたが当社の考え方は、今のところ下記のGoogleのポリシーに沿った考え方です。

お客さまには当然ですが、社内では制作部、営業部も必ず内容を理解をしてもらいます。

SEOテクニックというのは、技術的にすでにオープンにされていてそれが出来るか出来ないかが技術者のスキルにかかってくるという事です。

SEOは、ウェブサイト制作では必須です。

あらためてですが、当社の考えと対応している事をまとめます。

まず、国内ではすでにYahoo!で検索した結果とGoogleで検索した結果は基本的に同じ結果が表示されます。Yahoo!Googleの検索エンジンを使っている為です。理由の一つですが、Googleを意識したSEOを実施
しています。

では、「ワサビさんのSEO対策って何?」と質問された場合の回答を記述します。

「当社では、SEO対策に関して大きく3つの事を実施しています。

1. 良質で可能な限り多くの情報をセマンティックなHTMLで記述します
2. クローラビリティを考えた設計をします
3. 複数IPを利用した外部リンクなどスパム行為は絶対しません

上記3点は、技術的要素が強く内容も記述的な内容になります。しかし、あえて4つ目を追加するなら、それはアナログな事でお客さまと二人三脚で良質だけでなく新鮮な情報をどんどん発信していき、ウェブサイトを大きくする事です。」

とお話します。

本来検索結果で表示される情報は、上質なウェブサイトであるべきです。googleもそこを課題にしています。直帰率やサイト滞在時間が極端に低いサイトは、本来は順位が下がっていくべきです。

上記をふまえて、キーワードを選択したりコンテンツを作りこんで行きます。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

コロナ渦の求人。Google広告でエリア限定して効果的に

2020年は新型コロナウイルス感染症により従来のやり方が通用しない年となってしまいました。 求人市場は求職者にとっても企業にとっても大変な状況です。 従来のやり方が通じないのなら新しい取り組みにチャレンジしないといけません。 採用において人材紹介会社やハローワーク等しか利用しておらず自社で積極的な求人アピールを今までしていない企業さんはこれを機会にGoogle広告を活用してみましょう。 Google広告(Googleアドワーズ)とは...