SEOについての考え方

2011年7月21日

現場でもよくSEOについて質問があります。極端な話ですが、「SEOだけお願いします」という方もおられます。

ただ、このSEO一般的には

「検索結果の順位が1位に近づくようにしてください。」

というだけの解釈をされている方が多いのが現状です。

もちろん、それが間違っているとは言えません。

原因は、SEOという言葉が一人歩きをしてしまっているところがあるからです。

では、どういった風に一人歩きしているのか?

それは、SEO業者と呼ばれる企業の電話でのトークであったり、その代理店である企業の営業さんのトークで「SEO=順位を1ページ目に表示しましょう」という説明をしているからだと考えてます。

結果的に、というよりも必然的に順位は1位に近づく事もあります。その反対で、順位が下る可能性もあります。(たまに当社にもSEO業者から営業電話がかかってきますが、今よりも順位が下がった場合のリスクや保証の話になると、かなり苦しい回答です。)

前置きは、長くなりましたが当社の考え方は、今のところ下記のGoogleのポリシーに沿った考え方です。

お客さまには当然ですが、社内では制作部、営業部も必ず内容を理解をしてもらいます。

SEOテクニックというのは、技術的にすでにオープンにされていてそれが出来るか出来ないかが技術者のスキルにかかってくるという事です。

SEOは、ウェブサイト制作では必須です。

あらためてですが、当社の考えと対応している事をまとめます。

まず、国内ではすでにYahoo!で検索した結果とGoogleで検索した結果は基本的に同じ結果が表示されます。Yahoo!Googleの検索エンジンを使っている為です。理由の一つですが、Googleを意識したSEOを実施
しています。

では、「ワサビさんのSEO対策って何?」と質問された場合の回答を記述します。

「当社では、SEO対策に関して大きく3つの事を実施しています。

1. 良質で可能な限り多くの情報をセマンティックなHTMLで記述します
2. クローラビリティを考えた設計をします
3. 複数IPを利用した外部リンクなどスパム行為は絶対しません

上記3点は、技術的要素が強く内容も記述的な内容になります。しかし、あえて4つ目を追加するなら、それはアナログな事でお客さまと二人三脚で良質だけでなく新鮮な情報をどんどん発信していき、ウェブサイトを大きくする事です。」

とお話します。

本来検索結果で表示される情報は、上質なウェブサイトであるべきです。googleもそこを課題にしています。直帰率やサイト滞在時間が極端に低いサイトは、本来は順位が下がっていくべきです。

上記をふまえて、キーワードを選択したりコンテンツを作りこんで行きます。

Related Posts

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

Windows 11登場。何が変わる?ポイント

先日マイクロソフトからWindows11のリリース予定が発表されました。 正式には2021年の後半登場予定のようです。 windows10が2015年に登場してから6年ぶりのメジャーバージョンアップです。 Windows10が出た当時はWindows10が最終バージョンと言っていたようなので掟破り感はありますが、Windows7のサポートが昨年終了したり、IE11のサポートが来年切れたりと技術は日々進歩しているのかもしれません。 参考:IE11(Internet Explorer)サポート終了が2022年6月16日...

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

パソコンから簡単にスマホ表示を確認

調べ方 スマートフォンからサイトを表示すればスマートフォン対応されているかどうか一発で分かりますが、パソコンで作業を行っている時にスマートフォンを触るのも手間です。そんな時、パソコンからでも疑似的にスマートフォン時の表示を確認することができます。 Googleクロームの場合は下記です。※MicrosoftEdgeの場合も同様 1、キーボード上部のF12を押す。 2、デバイスサイズの切り替えボタン。 3、念のためページの再読み Ctrl+F5 4、上記でデザインが変わった場合はスマートフォン対応されたサイトです。...

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金 第2回公募~7月2日まで

事業再構築補助金の第2回公募が現在受付中です。 残り3回予定とのことですので5回中の2回目となるかもしれません。 事業再構築補助金という名前を初めて聞く方は下記をご覧ください。 事業再構築補助金(公式) 事業再構築補助金 事業計画書 具体的取組内容 事業再構築補助金を簡単にお伝えするとコロナにより売上が減少した企業に対して事業再構築の計画を立ててもらいその資金を最大1億円補助してもらえる制度です。(募集の多い主な枠では6000万円上限)...