addressタグにコピーライトの記述について

2011年7月8日

今日の話題の中から一つ。
addressタグですが、当社ではそのページ全体もしくは、特定のドキュメントに対しての問い合わせ先を記述するときのみaddressタグを使います。
例えば、当サイトでは下記の様に記述しています。
[html]<address>メールのお問い合わせは、<A href="/contact/">こちら</A>。</address>[/html]
では、コピーライトは?という事になりますが、単純にPタグでいいんじゃないでしょうか。
ちなみに、コピーライトについて他のサイトをしらべてみました。
Yahoo!JAPANは、
[html]<address>Copyright (C) 2011 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.</address>
[/html]
Googleは、
[html]<p>&copy;2011 Google [/html]
ワサビは、
[html]<p>Copyright &copy; 2007 – 2011 WASABI Inc.</p>
[/html]
参考:
http://dev.w3.org/html5/spec/sections.html#the-address-element

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。