Recursive Queries とSOA EXPIREの記述

2011年6月26日

週末を利用して、wasab3.comのwebサーバーとmailサーバーを移転しました。
元々は、さくらインターネットのデータセンター内にあったサーバーをNTTcomのデーターセンターへ移動。
メールの不具合などもあり、intodnsでDNSのチェックを行いました。NSのカテゴリ「Recursive Queries」で赤色の注意マークが出てます。
I could use the nameservers listed below to performe recursive queries. It may be that I am wrong but the chances of that are low. You should not have nameservers that allow recursive queries as this will allow almost anyone to use your nameservers and can cause problems. Problem record(s) are: 
111.68.174.211
111.68.229.245
どうやらスレーブのDNSの方での再帰検索が誰でも利用できる様になっているという事、たとえばマイクロソフト
http://www.intodns.com/microsoft.com
上記で確認してみると、エラーが出ている。うちとマイクロソフトを比べてもしかたないのですが、色々な理由でoptions に「recursion no;」を設定しました。
無事現在は、下記の通りエラーは出ておりません。
http://www.intodns.com/wasabi3.com
別にSOA EXPIREでもエラーが出てました。数値を6048000秒(70日)と設定していたのですが、長すぎると言うこと推奨は、1週間から2週間。単純に10分の1の7日間 604800秒に設定し直しました。ちなみにマイクロソフトは、28日間(エラーは出てません)です。
他に雑談的に盛り上がったのは、「Non-authoritative answer:」と「Authoritative answers can be found from:」というところ。nslookupを使って名前解決を行った際に記述される文言です。
Non-authoritative answer:は、キャッシュされたIPアドレスを返した時です。
対して、Authoritative answers can be found from:は実際にドメインの管理しているDNSから返答があった場合です。

Related Posts

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoのレスポンシブ動画埋め込み対応ができない時

Vimeoは色々カスタマイズもできてホームページに動画を埋め込みたい時は便利なサービスです。 ただ、最近ではレスポンシブデザインのサイトが多くなっているので固定サイズのまま埋め込むとおかしなことになってしまいます。 Vimeoの埋め込みコード発行はレスポンシブにも対応しているのですが、オプションのカスタマイズ設定をしないと対応できないので注意が必要です。 オプションのカスタマイズ設定が見当たらない場合...

重要 総額表示義務化に伴うホームページ修正キャンペーン

2021年4月より総額表示が義務化されます。 今まで経過措置として10000円(税別)の記載でホームページ上OKだったものも11000円(税込)等に修正する必要があります。 主な対象としてはBtoC(不特定への一般消費者向け価格表示)であり、 具体的には接骨院、歯医者、眼科、皮膚科等のクリニックやサービス業、ECサービス等幅広く対象とされています。 まだご自身のホームページを修正されていない場合はお早めにご対応下さい。 なお、弊社では初めてのクライアント様は特別料金(無料~)で対応させて頂いています。...

Youtube活用

ウェブサイトで文字だらけのページを見るといくら内容が充実していても読んでみようという気持ちのハードルが上がってしまいます。