よりセマンティックになった イタリック(i)などのhtml5 タグ 

2011年6月27日

HTML5では、タグ自体がセマンティックな意味を持つことになり、装飾関係は全てCSSで行うことになります。
分かりやすいように下記にまとめてみます。
元がW3Cの英文を自分なりに訳してみました。
HTML5では利用する時の用途が新たに定義されました。
i要素は、他の文章から区別する為に表記はイタリック体のテキストです。
ただし、強調や重要といった事に使いません。
使用例は、分類の名称、技術的な専門用語、他言語の慣用的フレーズ、思考、船の名などに使用します。

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/i.html

<i>
i要素を使うときには同時にclass属性を使うことが推奨されます。
一般的には下記の様に定義しています。
i {
font-style: italic; }
http://dev.w3.org/html5/markup/i.html

<b>
b要素は、重要だという事を伝えるのでなく、ただ文章内で意図的に区別するために使います。
例えば、文章内にあるキーワードやレビュー記事などに記述されている商品名です。
一般的には下記の様に定義しています。
b {
font-weight: bolder; }

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/b.html

<em>
em要素は、そのテキスト全体の強調を表します。
一般的には下記の様に定義しています。
em {
font-style: italic; }

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/em.html

<strong>
strong要素は、その文言や文章を強い重要性を表します。
ネストする事により、さらに強く重要性をしめすことも出来ます。

参考
http://dev.w3.org/html5/markup/strong.html

ちなみに、bigはHTML5から廃止されました。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...