ハッスルサーバーでCronして予約投稿をする

2009年12月10日

クライアントからの要望でMTでの予約投稿がありました。
現在使用されているサーバーが「ハッスルサーバー」であった為、cronが使えるためにその場で「問題ないですよ!」と回答をした。
当然レンタルサーバー毎に設定方法は違うにしてもcronに関しては、共通の技術だし、別のサーバーではMTの設定も含め問題なく動いているので心配はしてませんでした。
結果は、あっさり出来ました。
以下ポイントだけ記述します。
ご参考になればトラックバックやコメントよろしくお願いします。
3つのポイント
1 ハッスルサーバーの「cron」を設定する
2 MTの「run-periodic-tasks」の記述を変更する
3 「run-periodic-tasks」の属性を変更する
ポイント1
ハッスルサーバーの「cron」を設定する
ハッスルサーバーの管理画面より「cronの設定」をクリックしてcronのページに行く
新しいcronを設定する
分の0 15 30 45 にチェックをする
時、日、月、曜日は*にチェックをする
実行するコマンドに「/home/ユーザーID/public/www/MTを入れたディレクト名/tools/run-periodic-tasks」
更新ボタンを2回押したら終了
ポイント2MTの「run-periodic-tasks」の記述を変更する
use lib ‘lib’, ‘../lib’, ‘extlib’, ‘../extlib’;

use lib ‘lib’, ‘/home/ユーザーID/public/www/MTを入れたディレクト名/lib’, ‘extlib’, ‘/home/ユーザーID/public/www/MTを入れたディレクト名/extlib’;
もしくは、
use lib ‘lib’, ‘../lib’;

use lib ‘lib’, ‘/home/ユーザーID/public/www/MTを入れたディレクト名/lib’;
ポイント3
「run-periodic-tasks」の属性を[700]変更する
参考:MTの公式サイト
指定日投稿や公開キュー等のスケジュール処理の設定
これであなたもハッスルサーバーで、自動投稿ができます。

Related Posts

小規模事業者持続化補助金 次回締切は22年1月12日(低感染リスク型)と2月4日(一般型)です

小規模事業者持続化補助金は2020年から継続実施されているものですが、数か月おきに回を区切って実施され、2020年度、2021年度では名称と共に細かい要件なども変更されているので注意が必要です。 コロナ特別枠→低感染リスク型ビジネス枠 一般型と低感染リスク型ビジネス枠がありますが、低感染リスク型ビジネス枠の方が補助率や補助上限額が大きいので要件が合致する場合はおススメです。 大枠には変わりないですが従来からの主な変更点やポイントご紹介します。 こちらにも詳しくのっています。 丸わかり!小規模事業者持続化補助金(公式PDF)...

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

Gmail接続エラー「メールを今すぐ確認する」が消えてできない時

先日Gmailで接続エラーの障害が長時間発生し、メールの受信が遅延することがありました。 一時的な受信遅延や障害は今までもあったものの1日以上連続して起きたことはほとんどありません。 こういった障害の発生は原因によって対処法も異なり、いつも同じ方法で解決できるとは限りませんが、今後の参考に今回のケースと対処法をご紹介します。 Gmail接続エラー発生状況 ・メールサーバー:KDDI系のCPIを使用 ・Gmail管理画面経由で独自ドメインのメール送受信ができるように設定...

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2021年7月2日にGoogleのコアアップデートが実施されました

2か月ほど前になりますが、Googleからコアアップデートの実施がアナウンスされ、SEO会社などからの変動分析などもあがってきているのでご紹介します。 なお、7月以前には6月3日にもアップデートが実施されており、7月のアップデートは6月の残りとして一連のものと公式では発表されています。 コアアップデートとは? まず前提としてコアアップデートとはなんでしょうか。...