非同期スニペット

「YouTube」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

ライブ動画配信サービスのまとめ

投稿日:

企業のマーケティングや広報の一環として、
動画配信を検討されている方もいらっしゃると思います。

制作した動画を自社のWebサイトで公開するためには、「動画配信プラットフォーム」が必要になります。
中でも、最も有名なのは「YouTube」になります。
無料で利用する事が出来、ユーザー数が多く、プロモーションに活用しやすいのが特徴になります。

一方で、インターネットライブ配信などの生放送と呼ばれる
動画配信サービスを活用し、自社チャンネルの様な運用をしている企業も増加しています。

インターネットライブ配信とは?

インターネットライブ配信」とは、通販などの商品紹介の番組や、イベントや音楽ライブの生中継、討論会やセミナーなど、インターネットを利用してリアルタイムに配信していくのが「インターネットライブ配信」です。
最大の特徴としては、テレビなどの一方向な配信だけでなく、コメントを利用して出演者と視聴しているユーザーのコミュニケーションを行うことが出来ます。

この様に、動画を配信する目的やシーンによってそれぞれ動画プラットフォームの利用を変えています。
「インターネットライブ配信」のなかでも有名な配信プラットフォームとしては、「Ustream」、「Youtube Live」が挙げられます。
それぞれの概要を下記に記載いたします。

「Ustream」

インターネットライブ配信の主流サービスになります。
高画質な配信が可能で、FacebookやTwitterなどの外部サービスとの連携が充実しています。
登録をすれば、無料で放送が可能になります。

「YouTube Live」

動画配信サイトの「YouTube」が提供するライブストリーミング。
YouTubeならではの安定した配信環境と高画質が魅力のプラットフォームになります。
魅力的な環境は提供されているものの、ライブストリーミングとしては、まだまだ認知度が低いのが難点です。
2014年より制限が廃止され、登録を行えば誰でも気軽に配信ができるようになりました。

「ニコニコ生放送」

ニコニコ生放送では、リアルタイムで配信する動画に、通常のニコニコ動画と同様にコメント利用できるサービスになります。
10〜30歳代の若い年代が圧倒的に多く利用しているのが特徴になります。
配信には有料会員のプレミアムアカウントが必要になります。

動画コンテンツを有料で配信する場合

「Ustream」の場合

月額9800円〜のビジネス向けサービス「アドフリープラス」に申し込めば、広告を非表示にする「アドフリー配信」ができたり、同時試聴人数が無制限でパスワードをかけた限定配信ができたりするほか、すぐに有料配信も使うことができます。

「YouTube Live」の場合

有料のコンテンツを配信するには、
「アカウントが良好な状態であること」
「電話でアカウント認証をすましていること」
「AdSenseアカウントと紐づいていること」
「アクティブなチャンネル登録者が10000人以上いること」
などの要件を満たす必要があります。

「ニコニコ生放送」場合

誰でも有料で配信できるサービスは現時点では無い。
公募やテスト配信等を行い、有料配信サービスを検討している。

まとめ

今後、PCのみならずスマートフォン、タブレット端末といったマルチデバイスでの視聴増加や、動画を有料で配信するオンデマンドのみならずLIVE配信も市場の拡大が見込まれてます。

動画配信する際のプラットフォームの利用をお考え際は、参考にして頂けると幸いです。

動画コンテンツの可能性

投稿日:

ホームページやネットショップの商品ページなど、サイト訪問者に興味を持ってもらうためにさまざまなコンテンツを設定しますが、その中で動画を活用するのも効果的です。

実はページというものはほとんど見られていません。大づかみに認識し、必要な情報がなければすぐ離れていってしまいます。
一説にはページ滞在時間3秒で必要かどうかを判断するといわれています。

そこで、ユーザーが求めている情報を瞬時に判断できるようページを構成していくことが大切になりますが、そのひとつとして動画の活用が考えられます。

動画の魅力はやはり「動き」があること。動きがあることによりアクセス者の興味を惹く効果は見逃せません。知覚情報の8割が視覚情報によるものなのでまずはそこを押さえておくことが肝要です。その視覚情報の8割が色による情報とされていることも重要です。つまり、単色よりも複数の色づかい、かつ変化が生じる動画を活用することで、より印象的なページ作りが可能となります。

同様に、アクセス者は画面をスクロールすることなく見ることができる領域(ファーストページビュー)をチェックしますが、そこに動画があるというのはひとつのポイントとなります。
一つのエリアに画像やキャッチコピーを複数表示できるため、小さなエリアに多くの情報を盛り込むことができます。全体の雰囲気や内容が分かると次のページへの回遊もしやすくなり、結果として質の高い訪問(本当にその情報を求めている訪問)につながります。

次にあげたい動画の魅力としてはコンテンツをひとつ加えることにより大きな変化が期待できるということです。見た目を整えるとなると全体のデザインの調整となりますが、それは費用面や時間面で必ずしも有効とはいえません。例えば季節に応じて、キャンペーンやイベントのためにデザイン変更というのは確かに魅力的ではありますが現実的ではありません。
その点、動画であれば作成したもの差し替えるだけで印象や発信する情報を簡単に変えることができます。

ここまで動画の魅力をあげていきましたが、そもそもの動画作成が大変だという声もあります。しかし、写真をスライドショーのように切り替え、適宜メッセージを発信するというものも上記の効果を期待できますので、動画の構成や伝えるメッセージをしっかり練ってから作成すればそれほど複雑な動画である必要はありません。ウィンドウズムービーメーカーなど、写真配置やメッセージ挿入などを感覚的に操作できるソフトも数多くありますので比較的手軽に動画作成することができます。

また、作成した動画はページ内に埋め込むだけでなく、youtubeやfacebookに投稿することをオススメします。youtubeやfacebookは検索に強いので、社名や商品名などのキーワードを設定することでページの「入口」を増やすこともできます。

posted by fujii

コンテンツマーケティング

投稿日:

参照元:B2B Content Marketing: 2012 Benchmarks, Budgets and Trends

コンテンツマーケティングという言葉をご存じでしょうか?使うシーンや使い方によって意味あいは少々異なってきますが一言で言うと「様々な有益なコンテンツを様々な情報伝達手段を用い必要としている人にピンポイントで発信することにより目的としている行動(コンバージョン)を促す手法のこと」です。事例を上げながらご紹介します。

様々な有益なコンテンツ

簡単に言うと人に役立つ情報のことです。といってもそれを判断するのも人それぞれなのでターゲットを想定しそれに合わせたコンテンツを用意することが重要です。ホームページでもよく商品やサービスの内容紹介だけのコンテンツなどがあります。もちろんそれはそれで分かりやすく必要な情報ではありますが、活用やメリットのイメージ喚起。関連する知識、雑学といった短期的には売上や直接的利益につながらない情報発信なども必要となってきます。弊社もブログといった形で情報発信していますがこれらを発信することで長期的にはホームページのファンを増やすことにつながり、結果として新規顧客の獲得や既存顧客のリピートの増加、市場の拡大といった効果が得られます。

様々な情報伝達手段

記事、ブログ、ニュースレター、動画、ツイッター、フェイスブック、youtube等々。これらを複数組み合わせることで情報発信をしていきます。今まではテレビ広告やチラシ、DMといった企業側からの一方的な情報発信、プッシュ型の情報発信が主でした。しかしネットなどが発達し情報が飽和状態の現在においては一つ一つの効果が薄くなってきています。そんな中コンテンツマーケティングにおいては情報を必要としている利用者の側から動画を見たりフェイスブックで情報をシェアをしてもらう、プル型の情報利用の形を活用しています。例えば美味しい紅茶の入れ方という動画を制作しフェイスブック等にアップロードします。利用者はそれを見て興味を示したり共感するといいねボタンを押して他のユーザーと情報をシェアします。ユーザーとしては企業からの宣伝というよりも第三者で同じ利用者側の立場の人達からの意見なのでより情報に対する信頼性などが増します。またシェアする過程で得られるさまざまなコメントをフィードバックすることにより企業としても次の段階に活かすことができます。

必要としている人にピンポイントに情報発信

ピンポイントに情報発信というのは情報を受け取る人の母数が減ることにつながります。ただ、より必要としている人に適切な情報を提供することによって分子の数、目的としている行動(コンバージョン)をとってくれる割合は増すことになります。例えば今まで100万人の人に情報を発信し1万人の人がコンバージョンを達成していたのを10万人に情報発信をし1万人がコンバージョンを達成するイメージです。分子だけ見ると同じ1万人がコンバージョンを達成しているという点では同じなのですが分母を減らしピンポイントに情報発信する分無駄な手間やコストを減らすことにも繋がります。

SEO対策とリスティング広告

必要としている人への情報発信という点はホームページでよく言われるSEO対策とリスティング広告における弊社の考え方にも当てはまります。SEO対策は検索エンジン最適化とも言われ一般的にはホームページの掲載順位をより上位にもってきて来訪者を増やす対策だと考えられています。一般的にホームページが見られるのは検索結果3ページぐらいまでと言われているので1ページ目の上位に表示されればそれだけ来訪者は増えます。ただ外部対策等で無理に上位に表示させている場合や幅広いキーワードで集客している場合、ユーザーが求めている情報とホームページの内容の関連性が薄くなりコンバージョンにつながることなく直帰(1ページだけ見て帰ること)する割合も増えてしまいます。その点、リスティング広告はターゲットやキーワードを限定しランディングページ(ホームページで初めに見るページ)も指定することができます。SEO対策に比べて誘導数が少なくなる場合もありますがその分ユーザーが求めている情報とホームページの関連性が高い為コンバージョンへと結びつける割合を高めることができます。

ホームページという情報発信のツール自体は昔からずっとありいまでは当たり前になっていますが、その情報発信の仕方や見せ方というものは時代とともに変化し複雑化しています。コンテンツマーケティングを活かし一つだけのツールに頼るのでなく複数の手段を組み合わせること。一方通行的な情報発信でなくよりユーザー目線に立った作りということも成功を導く秘訣だと思います。

Posted by Nakagawa

YouTube、アップロードの時間が無制限に

投稿日:

あまり話題になっていないようなので知らない方も多いかも?

実は、YouTubeの動画アップロードの時間制限がなくなっているのです。
従来、15分以内で2Gまでの動画のアップロードが可能でした。

現在は投稿時間無制限となり、長時間動画のアップロードが可能となっています。

アップロードの画面を開くと「上限を引き上げる」のリンクが出ています。
ここから、電話番号を登録し本人が管理しているアカウントであることを証明します。
著作権侵害などの不正使用を防ぐ目的でこの段階を経る必要があるようです。

私自身、15分以上の動画を見かけることがないのですが、それほどの需要はないのでしょうか。
時間制限は無限となりましたが、動画の容量は2Gまでのままなのでご注意下さい。

Posted by Fujita

ページトップへ