「WordPress」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 03-6876-2707 or 078-585-6383(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

お知らせ

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • TEL. 03-6876-2707
  • 受付時間: 平日 -
  • 本社・デザイン室・開発室
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  • TEL. 078-585-6383
  • 受付時間: 平日 -
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

ワードプレスとは?メリット・デメリット

投稿日:

弊社ではホームページを納品するときに必ずワードプレス(WP)というキーワードが出てきます。ではワードプレスとはなんでしょうか?

世界で一番使われているCMS

ワードプレスは世界で一番使われているCMSになります。多くの個人や企業に利用され6500万以上のサイトがワードプレスを利用しているようです。また、聞き慣れない言葉「CMS」が出てきましたがCMSとはコンテンツマネージメントシステムのことで、簡単に言うとホームページを簡単に管理更新できるようにするシステムです。通常ホームページを作るには、テキストや画像を作成するだけでなく、レイアウトを定めてページ間にリンクを設定するなどの作業も行う必要があります。そういったホームページの様々な要素を分離してデータベースに保存し、サイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。

参考:WordPress increases its domination of the top 100 blogs

ワードプレスの特徴

2003年にマット・マレンウェッグさんとマイク・リトルさんが当時台頭していたCMSのムーバブルタイプ(MT)の再構築の遅さや企業開発ならではの開発の遅さに苛立ちを覚え開発リリースという形になりました。
ワードプレスは基本的に無料で利用できます。またオープンソースにし開発や公開を世界中の有志が自由に行える形をとっています。そのコミュニティの場も整えられており、シンプルで動的にページを更新するため再構築が不要なことも現在の広がりにつながっていると思います。
ウェブ上のコミュニケーションだけでなくワードキャンプという会合が世界中で開かれユーザーと開発者の交流などが行われています。

参考:オープンソース
参考:10年目を迎えたWordPressの歴史と今後の展望

では使用する上でメリットやデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

ワードプレスのメリット


・ホームページの知識が無くてもお知らせなどお客様側で管理更新ができる。
・商用利用するにもコストがかからない
・オープンソースな為、世界中で改善開発がおこなわれ企業の倒産によってサービス停止などのリスクが無い。
・拡張プラグインも豊富
・ブラウザ上で更新作業ができる為、デバイスを選ばない。
・モジュールに分け動的にページを生成するので再構築等をする必要がなく、管理更新も楽。

ワードプレスのデメリット

・世界シェア1位な故攻撃にもさらされやすい
・セキュリティ対策のバージョン更新やアップデートを年に数回行う。それに対応する必要がある。
・サーバー要件によって対応できるできないがある。

ワードプレスにYoutubeの貼り付け

投稿日:

動画サイトでお馴染みYoutube。なんと1分間で100時間分の動画が次々アップロードされているようです。今までテキストだけのブログを更新していたけどこれを機会に動画も入れてみよう!という方でもワードプレスで管理しているのであれば比較的簡単にアップすることができます。(アップといってもyoutubeにアップロードした動画を、ブログ内で閲覧できるようにする形です。)

テキスト(HTML)モード


通常は参考画像のように動画サイズを決め、埋め込みコードをコピーしワードプレスにテキスト(HTML)モードでコードを貼り付ければ完了です。ただ、今までビジュアルモードで更新していたのでテキスト(HTML)モードはちょっと・・・。という方でも楽に入れ込める方法があります。

ビジュアルモード


2つ目の貼り付け方として「この動画を共有」を押した時にでる共有URLをビジュアルモードで直接貼り付ける方法があります。普段からビジュアルモードで更新している方は、特に違和感なくできるかと思います。(投稿前の管理画面上では反映されないようです。)

テキストモードとビジュアルモードを逆にして貼り付けた場合はちゃんと反映されないので注意が必要です。

参考:Youtube 統計情報

レンタルサーバーのワードプレスサイト改ざん被害

投稿日:

ホームページを制作する際には必ず必要なウェブサーバー。サーバーと一口でいっても各社いろいろなサービスを出しているのでその中で自社の要件に適したサーバーを選択することが必要です。そのサーバーの中でも比較的安価で活用できるので有名な大手レンタルサーバサービスで改ざん被害があったようなのでご紹介します。

参考:第三者によるユーザーサイトの改ざん被害に関するご報告

ワードプレスの簡易インストーラーの不備が狙われたようです。ワードプレスは世界シェアナンバーワンでその分狙われることも多いので注意や適切な対策が必要ですね。

参考:ウェブサイトのセキュリティ
参考:効果的なパスワードの作り方

Posted by Nakagawa

ウェブデザイン

投稿日:

パスワードを入力してください。
パスワードは、弊社のクライアントもしくは、現在商談中のお客様のみ閲覧が可能です。
閲覧したい方は、営業担当もしくはこちらからお問い合わせください。

WordPress vs Movable Type

投稿日:

現在のWEB業界に欠かせない存在になっているCMS(Content Management System) その中でも今回はWordPressMovable Typeに焦点を当てて行きたいと思います。

まず、両者の一般的なメリットとデメリットを紹介します。

WordPress

<メリット>

  1. テンプレートやプラグインの豊富。
  2. 再構築というステップがない。
  3. ページ作成メニューがあり独立したページの作成と管理が容易。
  4. インストールが容易。

<デメリット>

  1. 表示時にDBからデータを取得し動的にページを表示するため、表示速度が遅い。
  2. オープンソースなのでカスタマーサポートが設けられていない。
  3. 英語でのドキュメントが多い。

Movable Type

<メリット>

  1. 日本語ドキュメントが多くトラブルがあった時の対策を見つけやすい。
  2. 静的なページ生成なのでページの表示がスムーズ。
  3. カスタマーサポートが設けられている。(但し対応はメールのみ)

<デメリット>

  1. エントリー数が増えると再構築に時間がかかる。
  2. WordPressに比べ動作が重い。
  3. テンプレートやプラグインの開発速度が遅い。
  4. サポート会社が開発をやめる、もしくは倒産した場合サポートなどの不安が残る

と、メリット、デメリットはありますが私の思う一番の違いは、WordPress無料で使用できますが、Movable Typeは商用利用時の使用する際有料と言う所でしょうか。

さらに以前は複数ブログの管理ができる事がMovable Typeの大きな利点でしたが、WordPress3.0からはWordPressも複数ブログの管理ができる様になり、テンプレートやプラグインの豊富さもあってMovable TypeからWordPressに移行しているユーザーが跡を絶たない点を見ても現在はWordPressに軍配が上がるのではないでしょうか。

WordPressはオープンソースであるため、誰でも自由に拡張・改良できるのも一つの魅力だと思います。

もちろんどちらのCMSも使用するユーザーの負担を減らす事を目的に作られている点は一緒なので使用用途に合わせ使い分けるのがベストなのではないでしょうか。

Posted by Date

WordPress 関連記事の表示

投稿日:

このブログでは、関連記事 (YARPP)を利用しています。

http://wordpress.org/extend/plugins/yet-another-related-posts-plugin/

簡単に言うと、記事にタグ付けしたり、自動で関連記事を表示するプラグインです。

管理画面が日本語の為、設定はそれほど難しくは無いです。

ただ、コツが1つあります。
「フィルター設定」と「関連スコア設定」がデフォルトではオフになっているので、表示オプションでチェックいれましょう。

サイドメニューに出てくる「関連記事 (YARPP) 」というリンクをクリックすると管理画面に入れます。

フィルター設定は、特定のカテゴリーやタグをフィルタリングして表示させないようにします。

また、過去何ヶ月分の記事を出すのかを設定出来ます。
不変的な内容でしたら、チェックを外してもよいと思いますが、技術的な内容などの場合は、12ヵ月~24ヵ月でフィルタリングする事を推奨します。

関連スコア設定の「表示する最低関連スコア」は、2以上にした方が良いかもしれません。5とかでしたら全然関連記事が表示されない場合があるからです。

参考までに当サイトの設定内容を記述します。

タイトル:検討する(重要視)
内容:検討する(重要視)
タグ:検討する
カテゴリー:検討する
記事とページを関連づける (説明) チェックあり
過去の記事だけを表示 チェックあり

表示設定 ウェブサイト用
このサイトの様に好きな所に表示させたい場合は、自動的に関連記事を表示するのチェックを外します。

[php]<?php related_posts(); ?>[/php]

で、上記を表示したい場所に記述をします。

single.php内に記述しています。

参考までに当サイトの設定内容を記述します。

一度に表示する関連記事数 5
関連記事表示を囲むタグ:

[html]<h3>関連記事:</h3><ol>[/html]

[html]</ol>[/html]

各関連記事を囲むタグ: デフォルトのまま 
[html]
<li>
[/html]

及び

[html]
</li>
[/html]

抜粋を表示? チェック無し

表示順番:新しい日付順(降順)

関連記事がない時のメッセージ 空白

この関連記事プラグイン(YARPP)を宣伝しますか? チェックなし(すみません)

RSSの表示設定は、表示されないように全ての項目のチェックを外しています。

ちなみに、ログインした状態で関連記事をチェックするとタイトルの後ろに「関連スコア」が表示されますが、ログアウトしたら消えます。

wordpress メンテナンス

投稿日:

遅ればせながら、社長ブログっていうのを書くことにしました。

仕事の合間をぬってWordPressのインストールをした後は、テーマの編集になります。

どうもこの編集に時間がかかってしまうため、メンテナンス画面を出すことに。

Maintenance Mode

このプラグイン、一番有名なプラグインですが何が僕に向いてるかというとメンテナンス終了時間を設定できる。

この事により自分自身の宿題のごとく、時間に追われながら作業を行えるという事です。

その他、管理画面でHTMLの書き換えを行い意図した画面を出すことも可能。

もちろんなんですが、管理者としてログインしている場合その人にはちゃんとしたサイトが見られる!という機能も付いてます。

ページトップへ