非同期スニペット

「Web担当」タグのブログアーカイブ

無料 ご相談承ってます!

電話 078-955-7461(平日 -)お気軽にご連絡ください!
打合せなどで電話に出れない場合がございます。その場合は、フォームもしくは 070-5503-3830までお手数をおかけしますがご連絡ください。

私たちの実績
(→ 実績一覧へ

Webデザインやグラフィックデザインの実績をご紹介しております。

お知らせ

ブログ最新の10件
(→ 記事一覧へ

事務所案内

  • ワサビ株式会社
  • マーケティング部(東京オフィス)
  • 〒142-0041
    東京都品川区戸越1-21-15 創建ビル4F
  • 本社
  • 〒658-0065
    兵庫県神戸市東灘区御影山手4-10-21
  •    
  • マーケティング部・デザイン室・開発室
  • 〒657-0864
    兵庫県神戸市灘区新在家南町1-1
  • TEL. 078-955-7461
  • 受付時間: 平日 -
  • マーケティング部(福岡オフィス)
  • 〒812-0053
    福岡県福岡市東区箱崎2-10
会社の詳細情報は、こちら

Work with us!

私たちのビジネスの成功は、社会に貢献できると確信してます。

ワサビは、才能や情熱を持った方との出会いを待ってます。

インターネットで出来る事、その可能性を仕事にしたい方は、ご連絡ください!

採用の詳細は、こちら

ソーシャルメディア

企業ブログを作成する際のポイント

投稿日:

image-blog001

ブログが企業としてマーケティングのツールとして使われる事はよくあります。
様々なリソースに制約がある中小企業や個人経営でも、ブログ運用して集客やブランディングなどに上手く活用しています。

しかし、ブログといっても有名人や著名人の様に個人の日常の生活を投稿しているだけでは、企業としてはあまり効果は見られません。
有効に活用するためには、特徴を理解する必要があります。

ブログテーマの設定

企業がブログを行う上で、検討するべきポイントの一つして、
「誰に、何を伝えるのか」というブログのテーマを明確に設定する必要があります。
下記の3点に注目して、ブログのテーマを設定していきます。

読者の確認

テーマを設定していく上で、一般的なマーケティング分析と同様に、
ブログの読者は、「どの様な規模やどの様な企業」「どの様な役職・職種」「何に課題を感じているのか」「どの様な情報を求めているのか」など、想定できるターゲットとなる読者のペルソナを出来る限り具体的に設定します。

キーワードの確認

ブログのコンテンツを増やしていくと、記事が多くなり、内容が煩雑になり、多くの情報を集めただけのコンテンツ集になってしまっている事が多くみられますが、なるべく範囲を制限し、あまり他の企業が用いないテーマで、かつその様なテーマを読者がどの様なキーワードで検索しているかを想定し、見極める必要があります。

自社の強みの確認

設定した読者に対して、ブログの記事を読んでもらって自社のどの様な強みを伝えていくのか読者の課題を自社でどの様に解決してもらうのか競合他社との差別出来る部分はどこなのか
などを確認する必要があります。

ブログで利用するキーワードの確認

全体のテーマの設定が完了したら、それらに関連するキーワードからコンテンツを作成していく事になりますが、読者が良い記事だと判断し、読みたくなるようなタイトルの設定が大切になります。

テーマやタイトルにニーズが無ければ、記事を求めている人も少なくなり、ウェブサイトに訪れる事は難しくなります。多くのアクセスを獲得するためには、SEOを意識したキーワード設定が必要になります。

ニーズのあるキーワードを探すツールの一つとして、Googleが提供しているキーワードプランナーがあります。キーワードプランナーでは、キーワードの検索のボリュームや、キーワードに関連した他のキーワードなどを把握する事ができます。

img-blog002

参考:キーワードプランナー

コンテンツ記事の確認

コンテンツを作成していく上で大切なことは、
「情報の整理ができているのか。」
「分かりやすく伝えられているか。」
「リンクミスがないか。」
など、企業が投稿する文章として誤った記述をしていないかなど、注意を払う必要があります。

また、優良なコンテンツである他のサイトの記事をそのままコピーしてブログとして投稿してしまうと、検索エンジンからコピーと判断されペナルティを課せられてしまうこともあります。

記事一つで企業の信頼を損なう可能性も秘めている為、記事のチェックは複数人で行うことをオススメします。

まとめ

設定した読者にとって有益な情報(コンテンツ)をブログで継続的に発信することで、ウェブサイトへのアクセス数は増えていきます。

しかし、ブログを構築して、ウェブサイトへのアクセス数を増やすだけでは無く、本来の企業としての目的である、売上につなげることが大切になります。

ブログの読者を資料のダウンロードや問い合わせなどへ誘導し、新しい見込み顧客とするなど、
ブログから次の行動への導線を設定することが大切になります。

ECサイトに記述しなければならない特定商取引に関する記述

投稿日:

特定商取引とは

特定商取引法は、訪問販売や通信販売を行う際に、消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。
これにより、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守るための法律です。

ECサイトでも必要

ECサイト(ショッピングサイト)で、商品を販売する行為は「通信販売」に分類されます。
「通信販売」は、新聞、雑誌、インターネット等で広告し、郵便、電話等の通信手段により申込みを受ける取引のことです。「インターネット・オークション」も含みますが、「電話勧誘販売」に該当するものを除きます。
この様に、インターネットで商品を販売する場合、「特定商取引に関する法律に基づく表記」が必須になります。お客様の信頼を得るためにもしっかり作成しましょう。

表記すべき事

①事業者名
正式な会社名、屋号、住所、電話番号、FAX番号などを明記します。

②代表者氏名
代表者または業務責任者の氏名を明記します。

③商品の販売価格、その他必要費用
送料、振込手数料などの金額と条件を明記します。
その費用を店側が負担するか、お客様が負担するのかを明記します。

④代金の支払い方法、支払い時期
お客様が利用可能なすべての支払い方法と、それぞれの注意点。さらに、先払いか後払いかなど、支払いまでの期間を具体的に記載します。

⑤商品の引渡し時期
納期は少し余裕を見て記載するとトラブルが少なくなります。代金先払いの場合、入金確認後の引渡しとなることを明記しましょう。

⑥返品についての特約事項

返品を受け付けるかどうかを明記します。
受け付ける場合、条件や方法を必ず明記します。
商品到着後、何日以内までの返品を受け付けるかを明記します。返品時の手順や送料も明記します。

 

その他特定商取引法に関しては下記参照してください。
参考「消費生活安心ガイド」:http://www.no-trouble.go.jp/search/what/P0204003.html

最後に

現在、ネット上で買い物をする人が増えてきています。
また逆に、ネット上で販売を行う業者も増えてきています。
しかし、ネットで販売を行う際には、しっかりと法律を理解しなければなりません。企業のEC担当、プロモーション担当、販促担当、マーケティング担当の方は是非参考にして頂きたく思います。

「AIDMA」の変化とWEBマーケティングについて

投稿日:

「AIDMA」理論とは?

消費者が購買行動を起こすプロセスとして、マーケティングの世界では「AIDMA」理論に基づき段階を経て行動するとされています。
消費者が広告で商品を認知し、購入に至るまでの段階をローマ字の頭文字で表しています。

Attention(注意)

Interest(興味)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

Action(行動・購買)

この理論はマスマーケティング、ダイレクトマーケティング等、様々なマーケティングでの黄金律として、これまでのマーケティングの基本とされています。
新聞・テレビ・雑誌などのマスメディアに予算をかけれはかけるるほど顧客へのリーチ数が向上するといったように、予算を多くかけて消費者にアプローチしていき効果を得るといった図式になっています。

WEB上での購買行動「AISAS」とは?

インターネット時代なり「AIDMA」ではなく、インターネットでの購買行動は「AISAS」というプロセスを行うといわれています。

Attention(注意)

Interest(興味)

Search(検索)

Action(行動・購買)

Share(情報の共有)

ここで重要なのが「Search(検索)」が来るところです。商品を購入する前に必ず「Search(検索)」、つまり同様の商品・サービスの比較検討が入るようになったということです。実際にネット上で買い物をする場合を思い浮かべると想像しやすいと思います。
ネット上では常に「Search(検索)」とういう段階を経るということが分かると思います。

ここで必要になってくるのが他社との違いとなる「付加価値」なのですが、重要なのは比較に至るまでの流れをしっかりと作らなければいけないということです。
その流れを作るためには、まずしっかりとした商品やサービス自体の魅力が必要となります。
その上で、それをきちんとネット上で表現することが必要です。ネット上での表現とは、広告やWebサイトにおけるキャッチコピー等のメッセージはもちろんのこと、Webサイトのコンテンツの中身(テキストや写真)やデザインが醸し出すトーン、お問い合わせに対するフォローメール等、ネット上での全ての情報発信活動が大切にになります。
つまり、ネット上で重要なのは「Search(検索)」の前段階である「Attention(注意)」や「Interest(興味)」の流れをしっかりと表現しなければならないということです。

ソーシャルメディア時代の「SIPS」とは?

スマートフォンやSNSの普及により新たに「SIPS」という消費者行動のプロセスがあるといわれています。

Sympathize(共感)

Identify(確認)

Participate(参加・行動)

Share・Spread(共有・拡散)

スマートフォンやSNSの普及によって、消費者は自分達で企業や商品の概要や口コミ情報を取得したり、また写真や動画とともに発信したりできるようになりました。
消費者は企業のマスメディア媒体を使った広告を一方的に信じることはなくなり、インターネットで形成される友達や信頼できる人のネットワークを併用して比較検討するようになっています。

この様な変化に伴い、これまではお金をかけなければ実現しにくかった効果を少ない予算で、企業の大小にかかわらず行えるようになりました。
また、行える施策の選択肢が増えたこともあり、お金をかけてもほとんど効果がない場合や反対にほとんど手間意外のことをかけずに大きな効果があげられる場合があり、費用と効果が見えにくくなってきています。
つまり、工夫やアイデア次第で中小企業も少ない予算で大きな効果を出すことができることもあるということです。

これからのWEBマーケティングについて

これからのWEBマーケティングで重要になるのが「データを読み取る力」となります。
行える施策の選択肢が増え、費用と効果が見えにくくなるなかで、行った施策をしっかりと評価分析を行い、その分析結果をもとに改善を行い新たな施策を打ち出していく。そして、その新たな施策を評価分析する。
このような流れをしっかりと行い、費用対効果の高い方法を行っていくことがこれからのWEBマーケティングに必要になります。

Web担当へのメッセージ その2

投稿日:

ホームページは、運用さえ間違えなければ確実にビジネスツールとして使えます。

しかし、現状は「スキルがあるスタッフがいない」「費用が発生する」などの理由で放置されているホームページが数多くあります。
わたし達から見るとそれは、会社やお店の看板が草に覆われているように思われ、清潔感や信頼性といった魅力を感じることが難しいです。
つまり、作られたまま放置されているホームページは、その役割を十分に発揮することができていないのです。

逆に、新鮮な情報を提供したりセールスポイントをわかりやすく掲載しているホームページは親しみがあり、商品の購入や問い合わせに繋がると考えています。

ホームページは育てるのには時間がかかりますが、教えたことはしっかりと実行してくれる心強いスタッフです。広報だけでなく営業やマーケティングでも力を発揮し、対外イメージの向上や、もしかすると新規顧客を発掘してくれるかもしれません。

ホームページは長く使ってこそ最大限の力を発揮します。最初は必要最低限から始めて、運営や管理を実際にやってみて気づいたことを元に徐々に大きくしていくという、「小さく始めて、大きく育てる」ことが大切です。

一番大切な、伝えたいことをしっかりまとめたホームページ

それを少しずつ洗練し、体質強化していく地道な作業が、長い目で見ると大きな効果を発揮します。そのことがホームページの潜在能力を最大限発揮し、最終的にはブランドイメージ向上にもつながるのではないかと考えています。

Posted by T.fujii

ホームページ運営をアウトソースする際の注意点

投稿日:


「ホームページは作ってからが大切」と言われても、実際に運営するとなるといろいろ心配かもしれません。
知識もなく、日常の業務で手一杯で、正直ホームページまで手が回らない-。

そんな場合は運営制作会社に外注することも視野に入れましょう。

運営には月額費が発生することが多いですが、中には「月額費無料」のプランを導入している制作会社もあります。

その際に注意したいのが、ホームページの管理が制作会社とのリース契約になっていないかどうかです。

このような場合、複数年契約で中途解約が不可のことが多く、完成したホームページが満足できないものであるとホームページの効果が最大限発揮されません。また、ページの更新依頼を受けつけていなかったり、受け付けていても更新費が高額であったりと、ホームページ運営で大切な「更新」について障害が生じる可能性もあります。

次に、制作会社に更新依頼をする場合の注意として、制作会社とのコミュニケーションがポイントとなります。

サービス一つとっても、ポイントを発掘し、それをホームページにて伝えていく必要があります。その際、製作会社とのコミュニケーションをしっかり取ることでより正確な情報発信を実現できます。こうした面をしっかり理解しているホームページ制作会社を探すことが大切です。
密なやりとりを嫌がり、理由もなく「当社にすべてお任せください」といった営利主義だけの制作会社はオススメできません。

ただサイトを作るだけの会社ではなく、ホームページの運営についてのコンサルタントを含めた会社に運営を依頼するのが理想的です。

Posted by T.fujii

スマートフォン対応サイト

投稿日:

スマートフォン市場は個人利用を中心に急伸を続けており、ホームページを作成するときにスマートフォン対応のサイト対応も検討しておく価値は高まっています。スマートフォン対応サイトを作るにはいくつか方法がありますが、既存のPCサイトをベースにするのがもっとも簡単です。

スマートフォンのインターネットの表示能力はPC並みですが、通信環境は携帯電話に近いので、PCと同様のコンテンツでは表示に時間がかかる可能性があります。各コンテンツはCSSのデザインで共通化を図り、データ量をできるだけ少なくしていくことが大切です。

また、画面がさほど広くないので、携帯サイトと同様に一画面の表示要素はなるべくシンプルにすることも大切です。メニューは必要なものだけに絞ることなど、携帯電話向けサイトと共通する点も意識しておくことが重要です。

スマートフォン対応サイトならではの注意点として、マウスでなくタッチパネルで操作するということです。
PCサイトと異なりマウスポインタが表示されず、リンクにマウスを重ねたときの色や形の変化は難しくなります。そのため、一目でリンクだとわかるような工夫が必要です。そして指によるタッチに誤操作がないようテストしてみることも重要です。

そして、iPhoneではFlashを使えないため、Flashコンテンツがある場合は何らかの代替する手段が必要になります。動画については、現状のPCサイトのほとんどがFlashを利用していることが多いでしょうが、可能であればアニメーションgifで代用したり、動画再生アプリケーションと連携して配信したり、動画配信サイトへ動画をアップロードして、そちらに誘導することが有効です。

Posted by T.fujii

アクセスログについて

投稿日:

ホームページを立ち上げると、実際にどんな方が訪れているのか気になってくるのではないでしょうか。
そんな時に役立つのがアクセスログの解析です。

アクセスログとは、サーバーへのアクセス状況を記録したものをいいます。
主にアクセスしてきた時間やどのような環境でホームページを見ているのかという接続元の情報などを記録しています。アクセスログを解析してユーザーの属性や好みだけでなく、よく訪れているページや検索ワードで訪れたページ(ランディングページ)、ユーザーがそれ以上ページを見るのをやめたページ(離脱ページ)などのサイト内動線を分析することができます。

アクセスログによって得られた情報は、企業サイトやネットショップにおいてはホームページの管理者が利用するだけでなく、マーケティングの材料として活用することもできます。

アクセスログの解析でホームページの営業効果をより高めたり、将来的なブランディングにも役立てることができます。

Posted by T.fujii

blogのビジネス活用について

投稿日:

情報発信の手段としてホームページと平行して、ブログの活用も検討しましょう。

ブログと聞くと、個人的な情報発信のイメージが強いかもしれません。
しかし、ブログシステムは、ビジネスの情報発信にもピッタリのツールです。

ブログシステムのメリットは以下の通りです。

まずは書き込みが非常に楽なことです。メールを打つことができればすぐに取り掛かることができます。
また、別のところで利用したテキストデータをそのまま貼り付けたりすることも可能ですし、もちろん画像の配置もすぐにできます。
ホームページの更新は制作会社に任せっきりになっていたとしても、ブログであれば短時間のうちにご自身で更新できてしまいます。

次にインターネット検索に強いことです。yahooやgoogleの検索システムは「ページの動き」に着目して検索結果を出してきます。ブログシステムはこの「ページの動き」を作り出すことに長けています。
ブログで記事が更新されるごとに、記事履歴が連動して増えていきます。
重要なのがこの記事履歴で、履歴が増えれば増えるほど「ページの動き」が多いと認識され、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

いくら情報発信しても数あるホームページの中に埋もれていては意味がありません。簡単な更新&検索に強いブログをぜひビジネスに活用しましょう。

Posted by T.fujii

Web用のライティングについて

投稿日:

ホームページの情報は画像や動画を含むとはいえ、やはりメインはテキスト情報が多くなります。

そこで、テキスト情報をいかに整理できるかということがホームページ作りで重要になってきます。

ホームページに掲載する文章の作成(Web用のライティング)で大切なのは誰が見てもわかりやすい点、つまりユーザビリティーを意識することです。パソコンのモニターでテキストを読む時に、どういった配慮や工夫があれば、よりわかりやすくなるのかといったことです。

Webライティングでは、結論を頭にした「結・起承転結」とするのが有効です。
なぜなら、ユーザーは基本的に文章を読まずに眺めることが多いからです。

まずは一番伝えたい内容で、細かな説明はその後に配置しましょう。最後にもう一度「結」を持ってくることで、スムーズな流れを作ることができます。

また、見出しを有効利用して文章はなるべく短くしましょう。
最も大きな文字である「見出し」があるとそこに目をやります。長文は文章の文法構成が複雑になるため、ユーザーからはわかりにくいと感じられがちです。理解するのに少しでも労力を要すると、別ページへとユーザーは移動してしまいます。
そして1文の長さは40~60文字程度に抑えるのがよいとされています。
短時間で目に入る、という意味でも箇条書きにするのも有効です。

また、サイトを開けたとき、スクロールなしで見える範囲を意識しましょう。一画面内で読みやすいものは300文字前後と言われています。
短文を段落分けしたり箇条書きにして一画面に上手く収めましょう。

最後に。人が読みやすい文章はそれだけ情報が整理されており、検索システムにもわかりやすい文章であるといえるので、適切なWebライティングはSEOにも有効です。
結論を先にする以外にも、「これ」や「それ」などの代名詞をキーワードに置き換えてみること、略語を使わないこと、言い換え(パソコン―PCなど)を用いてみること、具体的に述べることが大切です。

検索システムはキーワードおよび類義語、関連語を結びつけて検索結果に表示させるため、適切なキーワード設定が重要です。

Posted by T.fujii

独自ドメインの取得

投稿日:

ホームページは世界に一つ。
そのため、他のホームページと識別するための仕組みが必要です。
そのために設定されるのがホームページアドレスやURLと呼ばれるもの。Yahoo!ならyahoo.co.jp、Googleならgoogle.co.jpと設定されています。「アドレス」とあるように、インターネットの世界におけるホームページの住所です。
つまり、ひとつのホームページに対してひとつのアドレスが設定されます。

なお、URLを「ドメイン」と呼ぶこともあります。ドメインという言葉は「独自ドメイン」という言葉で使われることがあります。abc.comやxyz.netなど、サイト独自の表記がされているものが独自ドメインと呼ばれています。
独自ドメインの取得には以下のメリットがあるため注目されています。

まずはサイトのイメージアップにつながります。ホームページのURLが独自ドメインというだけで、そのサイト自体のブランド力を高めることができます。

次に覚えやすいアドレスにできることです。レンタルサーバー会社の提供するサブドメインの場合、どうしてもそのレンタルサーバーのドメインを含んでしまうのでURLが長くなります。また、当然ですがレンタルサーバーのドメインは制作したホームページの内容とは全く関係ありません。独自ドメインならホームページの内容に即したドメインを選べます。内容に即した短いドメインが取れれば、すぐにURLを覚えてもらうことができます。

またメールアドレスも自由に設定できます。例えば「XYZ株式会社」で「xyz.co.jp」という独自ドメインを取得していれば、ABさんには「AB@xyz.co.jp」、CDさんには「CD@xyz.co.jp」というメールアドレスを割り当てることができます。
そして独自ドメインはSEO対策にもつながります。例えば、「fruit.com」というドメインがあると、検索エンジンは「このドメイン名のサイトはfruit、つまり果物に関するもの」と認識するため、検索エンジンでfruitを検索するとfruit.comというドメイン名は有利ということになるため、上位表示されやすくなります。つまり、独自ドメインを取得して社名や商品名といったキーワードを設定するとホームページの見られる可能性が高くなります。

.comや.netといったドメインだと、年間1000円前後で取得できることが多いです。ドメインは先着順なので、社名や商品名を入れたものを取得する場合はできるだけ早めに取得しましょう。

Posted by T.fujii

ページトップへ